新「南くんの恋人」主演、過去作観たことなかった!世代に当てはまらず

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
フレッシュすぎて、前作の世代に当てはまらず - 中川大志&山本舞香

 俳優の中川大志(17)が16日、主演ドラマ「南くんの恋人~my little lover」の取材会にヒロインを演じる山本舞香(17)と出席。「月刊漫画ガロ」で連載された内田春菊の代表作を原作とし、過去には武田真治や二宮和也などを主演に3度もドラマ化されている「南くんの恋人」だが、中川は「僕自身は世代ではなかったので先輩たちのドラマは観たことはなかったんですが、作品はもちろん知っていましたし、(有名な作品で)プレッシャーや不安も感じました」と明かした。

【写真】爽やかなイケメン中川大志!ドラマ「南くんの恋人~my little lover」取材会フォトギャラリー

 初主演となる本作について、「自分が主演をやらせてもらうとはこれまで思ってもみなかったです。それがこんなにもはやくかなうなんて」とうれしそうな表情を見せた中川。「台本を頂いて、今までと違う新しい南くんになるということだったので、自分も新しい南くんを作ろうって頑張りました」と役づくりについて振り返る。

[PR]

 撮影中の苦労は多々あったそうで、「(主演は)チームの代表として現場を引っ張っていくイメージ。そんなふうになれたらいいなって現場に入ったんですけど、なかなかそんな余裕もなくて毎日必死でした」と語ると、「共演者に支えてもらいながら、やらせてもらったという感じです」としみじみ。一番大変だったのは、「撮影するときは合成なので、何もないところで芝居をしないといけなかったところ」とのことで、「最初は等身大の人形を置いて撮影していたんですけど、そのうちその人形もなくなってしまって……」と一人での演技に悪戦苦闘した様子。しかし、「だんだん相手が見えてくるようになった。それがすごく不思議だった」と撮影を重ねるにつれて、慣れていったという。

 山本も一人での演技を「恥ずかしかった」と振り返りつつ、中川の奮闘ぶりに「(仕上がりを見て)目線がぴったり合っていてすごいなって思いました」と絶賛。一緒に撮影したのは「本当に最初と最後だけ」という二人だが、山本は「今までの南くんより面白くなっていると思います」と自信。「キュンキュンポイントも多いし、いろんな世代に楽しんでいただけると思います」と本作をアピールしていた。(取材・文:名鹿祥史)

テレビドラマ「南くんの恋人~my little lover」は11月よりフジテレビ系で放送開始(全10話)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]