『アントマン』ポール・ラッド、ブラマヨ小杉のネタに触発「ヒーハー!」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『アントマン』ポール、ブラマヨ小杉のネタで会場を盛り上げる!

 15日、都内にて行われた映画『アントマン』ジャパン・プレミアに、初来日を果たした主演のポール・ラッドペイトン・リード監督が登場し、熱烈な歓迎ぶりに感謝しながら、積極的なファンサービスで会場を盛り上げた。 この日は、日本語吹き替えを担当した内田有紀溝端淳平、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズ小杉竜一も登壇した。

【写真】会場は大盛り上がり!『アントマン』ジャパンプレミアの様子

 来日初日となった昨夜、空港からすでに日本のファンに丁寧に応じる神対応を見せていたポールは、この日もサービス精神を発揮。レッドカーペットで自前のネタである「ヒーハー!」を連発していた小杉に触発され、ポールは「日本で食べたものといえば……ラーメン、スシ、それと……『ヒーハー!』」と思わぬサプライズ発言で、会場を沸かせた。

[PR]

 それを聞いた小杉は、「このギャグは自分一人のものだと思っていて、本編で(ポール演じる主人公の)スコットがやたら『ヒーハー!』ってパクっているのを見て、これはひと悶着(もんちゃく)あるかと思っていたんですよ。でも、ポールの人柄を見たときに、『ヒーハー!』は僕だけのものじゃないんだと思いましたね」とコメント。その言葉にポールが「これは小杉さんへオマージュをささげたんですよ!」と語ると、小杉は「こんなサービス精神のある人いますか? 本当に尊敬しています。心の中ではすでに弟子入りしています」とポールの魅力にすっかり参ってしまった様子。

 また、内田がポールを「映画を観ただけでファンになっちゃいました。笑っているだけで女性の心をつかんじゃう。女性のファンが増えると思います」と絶賛していると、リード監督が「同感だ!」とすぐさま返答。さらにリード監督は、「他の国の言葉で吹き替えをしてもらった人に会う機会なんてめったにないから、貴重な経験になった。それに、声を聞いただけでみんなイメージ通りだったよ!」と三人の仕事に対し賛辞を贈った。(取材・文:桂伸也)

映画『アントマン』は9月19日より2D / 3D全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]