ローラ『バイオハザード』撮影地アフリカから、日本へメッセージ映像!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『バイオハザードVI:ザ・ファイナル』撮影地からローラのメッセージ! - ,

 大ヒットシリーズの最終章『バイオハザードVI:ザ・ファイナル』に出演するモデル・タレントのローラが、現在南アフリカで行われている同作の撮影の合間に、日本のファンに向けてコメントした特別映像が公開された。

前作振り返り!『バイオハザードV:リトリビューション』場面写真

 先月に本作への出演が発表されたローラは、その後も自身のTwitterやInstagramでコメントや撮影風景などを投稿し、注目を浴び続けている。そんなローラが本作で演じるのは、アメリカのラクーンシティで発生した、人々をアンデッド(ゾンビ)化してしまうT-ウイルスの流出事件を生き延び、その開発元である巨大企業アンブレラ社とアンデッドたちの大群を相手に、主人公アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)と最後の戦いに挑む女戦士コバルト。

[PR]

 アフリカ・ヨハネスブルグで撮影初日を迎えた直後のローラは、「すっごく緊張するかなと思ったら、何か全然緊張しなくて。コバルトに成りきって、こうやって銃を構えてやって、本当に楽しかった」と笑顔で語り、「共演者のみんなも本当にやさしかった。休憩中はみんなでわいわい話したり」と撮影を満喫している様子。

 また、出演が決まったときに10秒くらい固まってしまったという様子を映像で再現したローラは、続けて「ずっと練習していたからね」とアクションの特訓をしていたことを不思議な身振りを交えつつ明かし、英語のレッスンを仕事前に欠かさず2時間受けていたことも告白。

 ハリウッド進出で遠い存在になってしまうのではないかというファンの心配をよそに、「今回、大変だったことは実はあまりないんだけど、日焼け止めを忘れてきたことくらいなんだけど……。そう、日焼け止めを忘れたことが一番大変だった!」と相変わらずのローラ節は健在。「初めてハリウッドでの演技で、オーディションの演技のままで平気かなと思ったけど、役に入り込めたから全然怖くなかった」と語るローラ。彼女にとって念願のハリウッドデビューとなる本作に期待が高まる。(編集部・石神恵美子)

『バイオハザードVI:ザ・ファイナル』は2017年1月全世界公開予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]