『トイ・ストーリー』ジェシーの持ち主=アンディ母親説は「少し違う」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
バズもウッディもわたしの秘密知りたいの~? - 『トイ・ストーリー3』より 左端ジェシー - Walt Disney Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ファンの間でささやかれている、『トイ・ストーリー』シリーズに登場するカウガールの人形ジェシーの元の持ち主はアンディの母親だったという説について、製作スタジオであるピクサー側の見解は「少し違う」という。ピクサー映画『インサイド・ヘッド』などで監督を務め、『トイ・ストーリー』の原案を担当したピート・ドクターが、Entertainment Tonight のインタビューで明かしている。

【場面写真】ジェシー初登場作『トイ・ストーリー2』

 ジェシーは映画『トイ・ストーリー2』で初登場。もともとエミリーという少女の人形だったジェシーは、成長したエミリーから捨てられてしまったという過去を持つ。その後同じシリーズ商品のウッディと出会い、彼と共に少年アンディのおもちゃになった。ファンの間では、アンディの母親がアンディに与えたカウボーイハットがジェシーの帽子のデザインにとても似ていたことや、エミリーのシーンがアンディの世代よりも一昔前の、彼らの親世代の子供時代のような描写であったことから、エミリー=アンディの母親説が流れていた。

[PR]

 ドクター監督はこのうわさについて、聞いたことがあると認めると、「監督だったジョン・ラセターと何時間もかけてバックストーリーを話し合ったよ。そのうわさは、僕らが考えた(ジェシーの)背景とは少し違っているね」と語ったという。どの部分が異なるのか、ジェシーの背景については明かされなかったものの、ドクター監督は「面白いことに、今僕らが作っている『トイ・ストーリー4(原題) / Toy Story 4』は20年も前に作った最初の『トイ・ストーリー』の設定をいまだに使用している」と述べ、今後新作で過去作のキャラクターのバックボーンが出てくる可能性を示した。

 シリーズ最新作となる映画『トイ・ストーリー4(原題)』は、2017年の公開予定で現在製作中。第1作、第2作で監督を務めた、ジョン・ラセターが監督に復帰し、ウッディとボー・ピープのラブストーリーになることが発表されている。(編集部・井本早紀)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]