声帯ポリープ治療で休養のももち、元気一杯にライブ復帰

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ライブ活動に復帰した“ももち”こと嗣永桃子

 声帯ポリープ治療のため、ライブ活動を休止中だった“ももち”こと嗣永桃子(カントリー・ガールズ)が5日、東京・新宿ReNYで行われた同グループの結成1周年記念イベントでライブ活動に復帰。集まった500名のファンを前に「初めてのハッピーバースディ!」「恋泥棒」など6曲を元気一杯に歌った。また、この日は同グループに新メンバーとしてハロプロ研修生の船木結梁川奈々美の2人が加わることも発表された。

【写真】新メンバー2人が加入!

 先月、声帯ポリープの治療のためライブツアーや握手会などを欠席することを自身のブログで発表し、活動休止状態となっていたももち。3曲目に披露された「シャイニング 愛しき貴方」の途中で、歌うメンバーを制止するように「ちょっと待った!」と声を上げてステージの袖から登場し、「いつまで4人で歌ってるの! この曲はももちがいないとはじまらない歌じゃない! もう4人でも大丈夫みたいなのはやめましょう!」とメンバーに声をかけると、客席を振り返って「ということで嗣永桃子、完全復活しました!」と復活をアピールした。

[PR]

 ももちは続く「初めてのハッピーバースディ!」「恋泥棒」「恋人は心の応援団」「女の子の取り調べタイム■」(■はハートマーク)も危なげなく歌い上げ、「改めて歌を歌って、歌えるって幸せなんだなって思いました」としみじみ。ライブ中には一周年祝いのケーキも登場し、メンバーはケーキを囲んで一緒に一周年を祝福した。

 新メンバー加入はライブ終了直前に告知され、ももちが同グループのスーパーバイザーである里田まいの手紙を読み上げ、新メンバーの加入を発表する映像がスクリーンに流れた。ステージに登壇した船木は「ハロー!プロジェクトの中では年齢も身長も一番小さいのですが、頑張りたいと思います」と意気込むと、梁川も「ももち先輩のように様々な世代の方に愛されるようなアイドルになりたいです」と抱負を述べる。新メンバーを含めての今後の活動は現状未定とのことだが、ももちは「これから7人で頑張っていきます。これからも温かい声援をお願いします!」とコメント。最後は笑顔でイベントを締めくくっていた。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]