『悪魔のいけにえ』初代レザーフェイス俳優が死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ガンナー・ハンセンさん(2013年撮影) - Albert L. Ortega / Getty Images

 名作ホラー映画『悪魔のいけにえ』で、初代レザーフェイスを演じたガンナー・ハンセンさんが現地時間の7日、アメリカのメイン州にある自宅ですい臓がんのために68歳で亡くなったと BBC News ほか複数のメディアが報じた。

 トビー・フーパー監督の出世作にして、ホラー映画の金字塔と呼ばれる『悪魔のいけにえ』でデビューしたハンセンさんが演じた殺人鬼レザーフェイスは、人の顔の皮膚を被りチェーンソーをふりかざす大男。1974年の公開ののち人気を博した本作は複数にわたってリメイクされており、シリーズ最新作の『飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲』(2013)にはハンセンさんが特別出演を果たしている。

 Twitter上では『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』のエドガー・ライトや、小説家のスティーヴン・キングといった著名人のほか、多くのファンからハンセンさんへの追悼の言葉が寄せられている。また BBC News によると、ハンセンさんは俳優業の傍ら、作家としても活動をしており、テキサスからノースカロライナまでのサンゴ礁をめぐる旅行記や『悪魔のいけにえ』の舞台裏を記した著書を発表しているという。(編集部・那須本康)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]