ハンガリー発!奇想天外なジャポネスクファンタジー『リザとキツネと恋する死者たち』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
愉快なポスタービジュアル!

 ハンガリーで大ヒット、世界三大ファンタスティック映画祭のうち2つの映画祭である、第35回ポルト国際映画祭でグランプリ、第33回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭で審査員&観客賞を受賞したジャポネスクファンタジー『リザとキツネと恋する死者たち』が12月19日より全国順次公開することが決定した。本作の奇想天外な世界観を垣間見ることが出来る予告編とポスタービジュアルも披露された。

 1970年代のハンガリー・ブダペストで、日本大使未亡人の看護人として住み込みで働くリザの心のよりどころは、日本の恋愛小説と、リザにしか見えない幽霊の日本人歌手、トミー谷。リザは恋愛小説にあるような甘い恋に出会うべく、30歳の誕生日に意を決して外出したものの、その間に未亡人が何者かによって殺害されてしまう。そんな悲しみにくれるリザの周辺で、立て続けに起きていく殺人事件の行方を追い掛けるというのが本作のあらすじ。

 メガホンを取ったのは、ハンガリーで売れっ子のCMディレクターであり、本作で長編映画デビューを飾ったウッイ・メーサーロシュ・カーロイ。監督によると、日本を訪れたときに知った、那須に伝わる九尾の狐伝説(9本の尻尾をもつ妖狐)が本作のモチーフになっているそうだ。

[PR]

 予告編からもわかるように、日本文化へのオマージュがたくさん盛り込まれており、特に劇中でトミー谷が軽快に歌い踊る、ヘンテコな昭和歌謡の数々は一度聴いたら頭からなかなか離れない……。なんとそれらは、昭和の歌謡曲はもちろん、アニメ「ルパン三世」のリミックス、さらにはビートルズの日本語カバーに挑戦したバンド・東京ビートルズまでを知っているというほど、日本の音楽にぞっこんなメーサーロシュ監督が、現地の作曲家と作り上げた全編オリジナルだというから驚きだ。ジャポネスクとヨーロピアンが不思議に調和した世界観、甘くてブラックな大人のおとぎ話がどのような結末を迎えるのか楽しみだ。(編集部・石神恵美子)

映画『リザとキツネと恋する死者たち』は12月19日より新宿シネマカリテほかにて全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]