戦慄のヒトクローン映画!公開日&邦題が決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
不気味すぎる… - (C)2015 Closer To God,LLC

 人類の倫理観を試す問題作ともいわれる映画『CLOSER TO GOD』の邦題が『エリザベス 神なき遺伝子』に決定し、2016年1月16日より公開されることが発表された。

 本作は、長年クローン技術を研究してきた生命科学者ヴィクター・リード博士が、ヒトクローンの“エリザベス”を誕生させたところから始まる。未知の新人類“エリザベス”に様々な実験や投薬を施すリード博士の科学的好奇心は徐々にエスカレートしていき、その実験は歯止めのきかない深みへと陥っていく。そして“エリザベス”誕生の陰で闇に葬られていた実験の失敗と“不完全体”の存在が明らかになる時、人類にとっての悪夢が始まるというバイオロジック・ホラー。

 あわせて公開されたビジュアルは、血管のような筋が体中に刻まれた赤ん坊が、不気味な容器に入れられた状態で陳列されているというもので、思わず目を背けたくなるその迫力は、本編を観る者を待つ恐怖を予感させる。

[PR]

 神にも逆らう、人間による人間製造という禁断の行為に魅せられた科学者ビクターを『ラスト・キャッスル』の演技派俳優ジェレミー・チャイルズが怪演し、自ら製作にも携わっている。これまでタブーとされるほどおぞましい領域に踏み込んだ同作は2014年ファンタジア国際映画祭で脚本賞を受賞している。(編集部・海江田宗)

映画『エリザベス 神なき遺伝子』は2016年1月16日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]