ミレニアム・ファルコンを徹底再現!新『スター・ウォーズ』過去から学んだリアリティー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミレニアム・ファルコンの活躍も楽しみな『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 - (C) 2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

 映画『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作の幕開けを飾る『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。新世代の若手俳優を起用する一方、ハン・ソロ役のハリソン・フォードをはじめとする旧キャストも出演する本作で監督のJ・J・エイブラムスが追求したのは、過去作の撮影方法に根ざしたリアリティーだったという。

【動画】ミレニアム・ファルコンの船体が!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』メイキング

 『スター・ウォーズ』の魅力の一つといえば、宇宙船の船体に経年劣化を思わせる汚しを施すなど、特撮を駆使してリアルな世界観を構築したこと。自身も大の『スター・ウォーズ』ファンであるエイブラムス監督も、同作に魅了された理由の一端を、「全て物理的に撮られたものだったから」と分析。『フォースの覚醒』でも、「CGをたくさん使うことはわかっていた」としながらも、「だからこそ、リアリティーを追求する必要があった」と語る。

[PR]

 そこで監督は、まず過去シリーズの撮影方法を見返したといい、「例えばCG版のヨーダとパペット版のヨーダを見比べるとその違いは一目瞭然さ。パペット版は実際にそこにあるからこそ、見ていてリアルなものに感じられる。照明の当たり方やクリーチャーたちの馴染み方が全然違うからね」とコメント。そのうえで挑んだのが、シリーズを代表する宇宙船ミレニアム・ファルコンの再現だった。

 公開されているメイキング動画でも船体が映し出されているミレニアム・ファルコンについて監督は、過去に登場した機体を「科学者が分析するレベル」で分析したと証言。『スター・ウォーズ』から『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』の間で船体の寸法が変わっていたことから、今回も微々たる調整はあったようだが、外観を大幅に変更することはなかったという。

 その完成度は、ハン・ソロ役のハリソンが、「あそこで長い年月を過ごしたからまた帰ってこられて楽しかったよ。コックピットとか撮影時のおかしかったこととか過去の記憶が蘇ってきたんだ」と太鼓判を押すほど。またハリソンは、「実はファルコンの操縦方法は過去の3作でも少しずつ違うんだよ」とも明かしており、『フォースの覚醒』で新たな一面が描かれることになるかについても、期待が高まる。(編集部・入倉功一)

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は12月18日 18時30分より全国一斉公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]