実写版まる子・森迫永依が『映画ちびまる子ちゃん』にゲスト声優として帰ってきた!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
まる子を演じていた森迫永依は、現在18歳! - (C) 2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝  博報堂DYメディアパートナーズ FNS27社

 『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』に、SPドラマ版「ちびまる子ちゃん」(2006)でまる子を演じた森迫永依(18)、まる子の両親を演じた高橋克実(54)と清水ミチコ(55)がゲスト声優として出演することが明らかになった。

 1990年のテレビアニメ放送開始後、今年で25周年を迎えるさくらももこ原作の国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」の23年ぶり劇場版となる本作は、まる子の住む静岡県清水にやってきた世界5か国の子供たちと、まる子たちとの異文化交流が描かれる。脚本は、さくら自ら書き下ろした。

豪華芸人四名が本人役で登場! - (C) 2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝  博報堂DYメディアパートナーズ FNS27社

 ドラマ初回放送時は8歳で約10年ぶりの「ちびまる子ちゃん」への参加となる森迫は、まる子の家にホームステイするイタリア人の男の子・アンドレアの幼少期を演じている。高橋と清水は、アンドレアと日本を結びつける物語のキーパーソン役を務めた。

[PR]

 併せて、劇中でまる子たちが大阪のなんば花月に行くシーンに、設定の昭和49年に実際になんば花月の舞台に立っていた中田カウス・ボタン笑福亭仁鶴間寛平が本人役で登場することも明らかになった。また、フジテレビアナウンサーの軽部真一笠井信輔永島優美も出演する。ほかにもゲスト声優として、中川大志ローラ渡辺直美劇団ひとりパパイヤ鈴木大原櫻子が参加することもすでに発表されている。(編集部・高橋典子)

『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』は12月23日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]