前田敦子&大島優子らAKB48卒業メンバーが10周年を振り返る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
卒業メンバーも登場! - (C)AKS

 AKB48劇場(東京・秋葉原)で8日に開催された「AKB48劇場10周年記念特別公演」終了後、AKB48の創成期を支えた卒業メンバー、前田敦子大島優子篠田麻里子板野友美が記者会見に応じ、記念すべき10周年を振り返った。同会見には高橋みなみ小嶋陽菜峯岸みなみ宮澤佐江(現SNH48 / SKE48)、渡辺麻友柏木由紀指原莉乃(現HKT48)、そして総監督を継承した横山由依も出席した。

【写真】前田敦子、大島優子…元AKB48メンバーのパフォーマンスに感激!

 約3年ぶりの舞台に最初は不安だったという前田は、「やっぱり劇場はいいなって思いますね。この距離感があっという間にAKBだった頃の気持ちに戻らせてくれた」と充実感でいっぱいの表情。また、AKB48を誇りに思う点については、「今日歌って思ったんですけど、やっぱり曲がいい! みんなで盛り上がれる曲がいっぱいあるって、これは誇りだなって思いますね。カラオケの履歴を見ると、みんなたくさん歌ってくれているので、秋元(康)さん、さすが!」と称賛の言葉を贈った。

[PR]

 これに対して、現役時代にセンターポジションを前田と争った大島は、「10周年というのはフェスティバルのようなもの。総選挙は祭りじゃなくて、こういうのが祭りだなって思いましたね」と本音がポロリ。すかさず高橋から「大島さん、それはAKB批判でございますか?」とツッコミが入ると、大島も「あら、ごめんなさいね。外側の人間が言うもんじゃないですね」とお茶目に返し、息の合った掛け合いにメンバーも大爆笑。うっかり発言を払拭するかのように、大島は「今日は、これまでの感謝の気持ちと後輩たちに受け継いでほしいという思いを込めて、精一杯踊らせていただきました」と笑顔を見せた。

 一方、「若い子たちに負けていられない」とユニットでのパフォーマンスに燃えた板野と、「2年のブランクがあったので今日のために筋トレで体を仕上げてきた」という篠田。ストイックな二人だが、その反面、AKB48の家族のような関係性とファンとの距離感にはホッとするという。「コールをしてくれたのがとても温かく感じた。この劇場はファンとメンバーが一体となって盛り上がれる」と板野がしみじみ語ると、篠田は高橋から総監督を受け継いだ横山に「総監督の荷の重さをたかみなの横ですごく感じていたので、『由依ちゃん、大丈夫?』という親目線で見てしまった」と親心を見せていた。(取材:坂田正樹)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]