懐かしの“東京映画”36本を一挙上映!キネ旬の名物コラムとコラボ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
特集上映「東京映画地図」チラシビジュアル

 映画雑誌「キネマ旬報」で連載中の、イラストレーター、宮崎祐治氏による人気コラム「東京映画地図」で取り上げられた名画を上映する特集企画が今年12月20日から来年2月20日まで、ラピュタ阿佐ヶ谷で実施される。

【写真】原節子さん主演作ほか“東京映画”フォトギャラリー

 2011年より連載開始されたコラム「東京映画地図」は、映画に登場する「東京」のロケ地をエリアごとに取り上げ、緻密な地図と温もりあふれる映画俳優&女優たちのイラストを交えて考察する名物企画。特集上映では、このコーナーの中から厳選した36本の名作を上映する。

[PR]

 オープニングを飾るのは、銀座、隅田川、そして今はなき跳開式の勝鬨橋(かちどきばし)を見られる『東京の恋人』(1952)。今年9月に亡くなった原節子さんが名優・三船敏郎と共演した下町コメディーだ。そのほか、吉永小百合高橋英樹浜田光夫坂本九らが浅草の街を駆け抜ける青春群像劇『ひとりぼっちの二人だが』(1962)、1960年代初頭、足立区・西新井橋を背にそびえ立つ“お化け煙突”が登場するクライム・サスペンス『東京湾』(1962)など懐かしの風景を堪能できる名画がめじろ押し。

 今も変わらない“夜の社交場”赤坂・六本木近辺を舞台にしたビターな作品群も必見だ。赤坂の街に生きる、性格の異なる三姉妹(淡島千景新珠三千代川口知子)を名匠・川島雄三が軽やかに活写した『赤坂の姉妹より 夜の肌』(1960)、当時「六本木族」と称された無軌道な若者の生態を赤裸々に描いた青春映画『うるさい妹たち』(1961)、峰岸徹中川ゆき演じる孤独な男女が、ある秘密を隠しながらも強く惹かれ合う『六本木の夜 愛して愛して』(1963)など。50~60年にわたって変化した東京の街並みを目の当たりにする、貴重なラインナップとなっている。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]