二宮和也、主演ドラマは「観ても観なくてもいい」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
二宮和也&ビートたけしも完成度に自信!豪華キャストが出演

 二宮和也が24日、都内で行われた年末ドラマ特別企画「赤めだか」の完成披露特別試写会に出席。ドラマについて「観ても観なくてもどっちでもいい」と意外なコメントを残した。

【写真】二宮和也、ビートたけし、濱田岳、笑福亭鶴瓶ら豪華キャストが勢ぞろい!

 原作は、人気落語家・立川談春の同名エッセイ。17歳の談春(二宮)が、「天才」「風雲児」と言われた故・立川談志さん(ビートたけし)に弟子入りし、仲間たちと苦楽を共にしながら成長していく様子と、誰よりも落語を愛し、落語に挑み続けた談志さんの破天荒な生き様を描き出す。

[PR]

 二宮は「こういう作品は珍しくて、観た方が絶対得するし、観ないと絶対損をすると思っているので、観ない奴だけが損をすればいいやと思っています」とシニカルな面をのぞかせつつ、「観ても観なくてもどっちでもいい」という言葉の理由を説明。「その時間に(テレビを)つけてやっていて、観て感動するのがドラマ」と自身の見解を示すと、「それを醍醐味として味わっていただけたら」とアピールした。

 この日は、たけし、濱田岳宮川大輔北村有起哉笑福亭鶴瓶、談春もイベントに出席。「先代の談志さんの弟子で唯一破門された者です」と自虐的にあいさつしたたけしは、「大役をやらせていただいて、いかに自分の芸が勉強不足だったかを痛感しました。監督のご厚意により余計なものをそぎ落として出汁殻のようになりましたが、含蓄のある作品に仕上がったことをありがたく思います」と感謝。また、「一つ目昇進祝いの時の頭の下げ方とその後の口上は上手くいったな。実に俺は泣けると思います」と自信をのぞかせた。

 原作に感動し、談春に映像化をすすめたという鶴瓶は、「(談志さん役は)絶対にお兄さん(たけし)やし、腹立つけど、談春はニノ(二宮)かなと思っていた」と自身の思い通りのキャスティングに感心。また、談志さんと落語に対するたけしの情熱に触れた談春は、「あまりにも幸せで、必死に涙をこらえる殿村(ドラマ「下町ロケット」で自身が演じた役)の顔になっていました」と笑いを誘いつつ、「(試写後は)いろんなことが思い浮かんで、一人泣いていました」と感激しきりだった。(取材・文:鶴見菜美子)

年末ドラマ特別企画「赤めだか」はTBS系にて12月28日夜9時より放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]