25歳で亡くなった2パックの伝記映画、母役にダナイ・グリラ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ダナイ・グリラ - Brent N. Clarke / FilmMagic / Getty Images

 テレビシリーズ「ウォーキング・デット」のミショーン役や、映画『扉をたたく人』で知られるダナイ・グリラが、1996年に25歳の若さで亡くなったラッパー、2パック(本名トゥパック・アマル・シャクール)さんの伝記的映画『オール・アイズ・オン・ミー(原題) / All Eyez on Me』に出演することになったとDeadline.comが伝えた。

【写真】ダナイ・グリラ出演『扉をたたく人』ギャラリー

 本作では、2パックさんがヒップホップアーティストと俳優としてスターダムに上り詰めていく背景や、服役時代、レコード会社デス・ロウ・レコードとの摩擦などが描かれる。グリラが演じるのは、2パックさんの母親アフェニ・シャクール。アフェニは、60年代から70年代、黒人民族主義運動を行っていたブラックパンサー党のメンバーであり、名の知れた活動家だった。

 主演には、新星デミトリアス・シップ・ジュニアが決まっており、「S.W.A.T. 闇の標的」のベニー・ブーム監督がメガホンを取る。現在撮影中で、公開時期はまだ明らかにされていない。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]