シネマトゥデイ

「THE FLASH」「スーパーガール」 放送局を超えたクロスオーバーが実現

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「スーパーガール」より - Darren Michaels / CBS via Getty Images

 放送局が違うため、あり得ないと言われていたテレビドラマ「THE FLASH/フラッシュ」と「SUPERGIRL/スーパーガール」のクロスオーバーが3月にアメリカで実現するという。

 「THE FLASH/フラッシュ」と「ARROW/アロー」のクロスオーバー・エピソードは恒例となっているが、同じDCコミックスでありながら、「SUPERGIRL/スーパーガール」は米CBS局、「THE FLASH/フラッシュ」は米CW局で放送されているため、可能かどうかもわからないと両ドラマのエグゼクティブ・プロデューサー、アンドリュー・クライスバーグは以前にコメントをしていた。

 しかし、アンドリューは企画と製作総指揮のグレッグ・バーランティと昨夏から話し合いを重ね、実現にこぎつけたという。ただし、ストーリー上、「THE FLASH/フラッシュ」のバリー・アレン/フラッシュ(グラント・ガスティン)だけが次元を超える能力を持っているため、彼が「SUPERGIRL/スーパーガール」の舞台となっているナショナル・シティに登場するだけで、スーパーガール(メリッサ・ブノワ)がセントラル・シティに来るというエピソードはないそうだ。

 アンドリューとグレッグは、夢だった共演を実現させてくれたテレビ局や製作会社に感謝すると共に、クロスオーバーを望んでいることを伝え続けてくれたファンにも感謝。「みなさんの熱意とサポートに値するエピソードを製作することがわれわれの喜びであり、望みです」とコメントしている。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]