電磁パルスがクロエ・モレッツを襲う!電子機器壊滅でインフラ麻痺

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
この中に“アザーズ”がいる?

 『キック・アス』のヒットガール役で知られるクロエ・グレース・モレッツが主演を務める映画『フィフス・ウェイブ』の特別映像が公開され、電子機器を全て破壊する“第一の波・暗黒”の攻撃を受けたクロエ演じる主人公キャシーが悲痛な体験を語っている。

 全世界でベストセラーを記録した小説「The 5th Wave」を映画化した本作は、地球外の知的生命体“アザーズ”から攻撃され、壊滅状態となった現代の地球で生き残った女子高生のキャシーが、離ればなれになった弟を救うために懸命に生き抜こうとするというSFミステリー。

 第1の波・暗黒、第2の波・崩壊、第3の波・感染、第4の波・侵略というアザーズからの攻撃が、次々と人類に襲いかかる本作。今回公開された映像では“第1の波・暗黒”と呼ばれる攻撃を人類が受ける。

[PR]

 授業中に携帯電話で、楽しくメッセージを送り合っていたキャシーだったが、突然の停電。携帯の画面も真っ暗になるが、授業中のスマホいじりに先生が怒ったからではない。突然鳴り響く轟音に教室は騒然となるが、窓からキャシーたちが見たのは次々と事故を起こす車。そして空からはバランスの制御を失った飛行機が、ただの鉄の塊として落下してくる……。これはアザーズによる“電磁パルス”という電磁波を使用した攻撃で、この日を境に人類は電気も水道も使えなくなり、当たり前の日常が消えたとキャシーは解説している。

 現実離れしたSFの中だけの攻撃のように思えるが、電磁パルス兵器は現実でも既に開発が進められているといわれ、一瞬で全てのインフラを麻痺させる恐ろしい兵器として世界で認識されている。そんな攻撃を劇中で受けたキャシーたちには過酷な運命が待ち受けるが、「現実に『フィフス・ウェイブ』のような状況になったら?」という質問を受けたクロエは、「がっしりした大男になって生き残る」とおどけて答えている。(編集部・海江田宗)

映画『フィフス・ウェイブ』は4月23日より新宿ピカデリーほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]