倉科カナ、恨み節!丸刈りで挑んだ玄奘役で「粗末な扱い」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
倉科カナ

 漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画を実写化した映画『珍遊記』の完成披露上映会が18日、都内で行われ、松山ケンイチ倉科カナ溝端淳平ら出演者と脚本を担当したおおかわら、メガホンを取った山口雄大監督が出席した。伝説の僧侶・玄奘を丸刈りで演じた倉科は、撮影現場の雰囲気を楽しげに振り返る一方で、「(撮影中)姫の扱いをされていなかった。粗末な扱いで……」と共演者を前に愚痴をこぼして会場の笑いを誘った。

【写真】松ケン&倉科&溝端、息の合ったポーズで!

 天竺を目指して旅をする玄奘が、偶然立ち寄ったじじいとばばあの家で出会った不良少年・山田太郎(松山)を更正させるべく引き取り、珍道中を繰り広げる様を描いた本作。おバカ全開の怪演を見せた松山は、「めちゃくちゃな原作だし、最初は映画として成立するのかどうかもわからなかった。でも、雄大監督とぜひ一緒にやって面白い世界に行きたいなと思った」とオファーを受けた理由を明かし、「いろいろ下ネタとかも入ってきているんですけど、規制はついていないし、三歳くらいからでも楽しめます。ぜひ親子連れで見て欲しい」と本作をアピール。

[PR]

 倉科のほうは、「下品なコメントや特殊メイクがどうだとかは、撮影前は何も考えていなかった。それくらい脚本が面白くて」と撮影前を振り返り、「心がけたことは仏の心でいるということ。松山さんと対極のテンションでいること」と役作りについてもコメント。「後からわたしはこんな下品なことしていたんだって」と嬉しそうな表情を見せた一方、おおかわらがこの日、倉科を“姫”と呼んで終始持ち上げるのを横目に「(撮影現場では)姫の扱いをされていなかった」と恨み節も。

登壇者たちと乱入してきた鈴木拓(右より2番目)

 溝端は対照的に“ワカ”と呼ばれ、(撮影現場では)すっかり溝端軍団を形成していたそうで、おおかわらに、「(溝端演じる)龍翔軍団は特にカナちゃんに冷たかった」と明かされていた。溝端は「(原作にない)オリジナルな役なので、自由にやらせていただいた」と照れ笑い。「とんでもないクズの役ですごくやりがいがあった。楽しくて振り切ってやれた」と話していた。またこの日は、本作に一切関係のないお笑いコンビ・ドランクドラゴン鈴木拓が乱入するという一幕もあった。(取材・文:名鹿祥史)

映画『珍遊記』は2月27日より新宿バルト9ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]