舞台「ドラクエ」テリー役で風間俊介が参戦 ドラクエ愛を語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
テリーやアリーナが3の世界に集結する「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」ビジュアル - (C) ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

 国民的人気ゲームシリーズをベースに制作されるオリジナルアリーナショー「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」に、孤高の剣士テリー役で「純と愛」『映画 鈴木先生』などの風間俊介が出演することが発表された。

 先日アリーナ役に同ゲームファンの中川翔子が抜てきされたことが公表されたが、風間も大のドラクエファン。全てのタイトルを何度もやりこみ、「ドラゴンクエストの歴史はRPGゲームの歴史、それは冒険の歴史だと思います」と語るほどのドラクエ愛の持ち主だ。それだけに「その歴史の一部になれる事を心の底から嬉しく、そして、誇らしく思っています」と今回の決定に大喜び。またキャラクターへの愛も人一倍のようで、彼が演じるテリーの衣装制作の際には、キャラクターらしい衣服の色を追及するため、風間自ら衣装デザイナーと議論していたという。

 風間ふんするテリーは、1995年発売の「ドラゴンクエストVI 幻の大地」に登場する最強の剣を探して世界中をめぐる剣士。己の力を信じて旅を続ける姿が人気のキャラクターで、1998年にはスピンオフ作品「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」で幼少期の姿も描かれた。風間は今回の演技のポイントについて「孤高の剣士、テリーは素早さが魅力のキャラクターなので、ステージ上で華麗に走り回ります」とアピールしている。

[PR]

 本作の演出を務めるのは、数々の人気テーマパークのショーやB'zのドームツアーなどを手掛ける金谷かほり。ステージデザインは、ロンドン、北京五輪の開会式やレディー・ガガ、マドンナなどの世界ツアーをデザインしたレイ・ウィンクラー率いる Stufish Entertainment Architects が担当する。なお、勇者とトルネコ役の俳優はオーディションによって選出される。同オーディションの応募締め切りは2月末。(編集部・井本早紀)

「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」日程
さいたま公演
7月22日(金)~31日(日) さいたまスーパーアリーナ ※7月25~27日休演
福岡公演
8月5日(金)~7日(日) マリンメッセ福岡
名古屋公演
8月12日(金)~14日(日) 名古屋 日本ガイシホール
大阪公演
8月18日(木)~22日(月) 大阪城ホール
横浜公演
8月26日(金)~31日(水) 横浜アリーナ ※8月29日休演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]