シネマトゥデイ

本郷猛、これが最後の変身!?藤岡弘、主演『仮面ライダー1号』衝撃の予告編!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
藤岡弘、がネオサイクロン号を駆る! ファン感涙ものの予告編! - (C)2016「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズ生誕45周年記念映画『仮面ライダー1号』から、単独主演を務める藤岡弘、の変身ポーズと生身のアクションを収めた、迫力の予告編が公開された。

 45年前、悪の秘密結社ショッカーによって改造人間にされた仮面ライダー1号=本郷猛(藤岡)が、バイクの師匠であり最大の理解者だった、“おやっさん”こと立花藤兵衛の孫・麻由を危機から救うべく奮闘する本作。70歳を迎えた藤岡が、長い歴史を誇るシリーズの初代仮面ライダーとして再び変身。悪の組織に戦いを挑む。

 予告編は、藤兵衛の遺したネオサイクロン号を前にした猛が、「帰ってきたよ、おやっさん……」と感慨深げにつぶやくシーンで幕を開ける。時を経てパワーアップした変身ポーズを披露する猛の姿は、45年前と変わらぬ気合に満ちているが、世界中で悪と戦ってきた体はすでに限界を迎え、もはや生きているのが不思議な状態。「本郷猛、最後の変身!」というナレーションが、猛の悲壮な戦いを予感させる。

[PR]

 猛にふんする藤岡は自らネオサイクロン号を駆り、戦闘員相手に生身のアクションも披露。年齢を全く感じさせない迫力満点の身のこなしには、誰もが目を奪われるはず。また、新たなデザインに生まれ変わった仮面ライダー1号の勇姿も、歴戦の戦士らしい風格に満ち溢れており、限界を迎えた戦いへの期待が高まる。

 藤岡に加え、「仮面ライダーゴースト」から西銘駿山本涼介大沢ひかる柳喬之竹中直人が、さらに岡本夏美大杉漣阿部力長澤奈央武田幸三が出演。脚本は井上敏樹、監督は金田治が務める。(編集部・入倉功一)

映画『仮面ライダー1号』は3月26日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]