松山ケンイチ&ピエール瀧、倉科カナにセクハラ攻撃

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
松山ケンイチ&ピエール瀧、倉科カナにセクハラ!?

 伝説のギャグ漫画を実写化した映画『珍遊記』の公開初日舞台あいさつが27日、都内にて行われ、主役を務めた松山ケンイチピエール瀧と一緒に、倉科カナに対して、作品を彷彿させるセクハラめいた発言をする場面があった。この日はほかに、共演の溝端淳平田山涼成温水洋一、脚本の松原秀とお笑いトリオ・鬼ヶ島おおかわら山口雄大監督が登壇した。

【そのほか写真】倉科カナ、紅一点!

 本作は週刊少年ジャンプ連載の、漫☆画太郎による大人気ギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」の実写化作品で、「西遊記」を基に不良少年・山田太郎(松山)と、更生させるために彼を引き取った僧侶・玄奘(倉科)が共に天竺に向かう旅を、強烈な下品ネタ満載で描くコメディー。

[PR]

 「続編があったらやるか?」という質問に倉科は「やらない」と断言。その理由は、松山が倉科に「(体の線が出る)バトルスーツを着ないと(続編を)やらない」とリクエストしていたため。その言葉に松山は「いや大丈夫ですよ。抜群のプロポーションを持っているわけですから、冒頭からこういう格好で出ればいいんじゃないかなと」と反論。するとそこにピエールが「というか普通に、素っ裸で出ればいいんじゃない?」と合いの手を入れ倉科にセクハラ攻撃、トークを盛り上げていた。

 今回の出演について松山は「原作モノの大事なところは、見た目もそうだけど内面の部分を大事にしたいと思って、(具体的にどうするかを)監督と話していました」と撮影時の思いを語り、そのモデルとして『七人の侍』の三船敏郎、「無責任一代男」の植木等千原せいじ松岡修造を参考にし、「修造さんは日めくりカレンダーの表情を参照させていただきました」と役作りの取り組みを明かした。

 またこの日、本作品が台湾、香港、マカオなど8カ国で公開されることが決定したことも発表され、山口監督は「やばいですね、日本がこういう国だと思われてしまう。どこの国でもこんなアプローチはしてないと思いますが、漫☆画太郎のせいですね」と冗談半分にアピールしていた。(取材・文:桂伸也)

映画『珍遊記』は新宿バルト9ほか全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]