ビートたけし、ハリウッド版「攻殻機動隊」出演決定!スカヨハと共演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ハリウッド版「攻殻機動隊」出演が決定したビートたけし 写真提供:オフィス北野

 お笑いタレントで俳優のビートたけしが、スカーレット・ヨハンソン主演で制作が進行中のハリウッド版「攻殻機動隊」に出演することが明らかになった。たけしのハリウッド映画出演は、1995年のキアヌ・リーヴスとの共演作『JM』以来となる。

【写真】黒髪のスカヨハもカッコいい…!

 原作は、アニメ化もされた士郎正宗の人気SFコミック。近未来を舞台に、サイバー犯罪やテロリズムの捜査など多岐にわたる任務を極秘裏に遂行する、内務省公安9課(通称:攻殻機動隊)を率いるヒロイン・草薙素子とメンバーたちの活躍を描く。

[PR]

 たけしは、公安9課の創設者にして課長の荒巻大輔役で出演。「個人的にアニメや漫画のファンという訳ではない」としながらも、「自分が演じる荒巻という役は独特な存在感を放つ魅力的な人物であり、登場人物の人間模様を中心に様々なエピソードがちりばめられ、自分の監督作品とは全く異なるスタイリッシュなエンターテインメント作品として、面白いなと思い出演することにしました。どんな作品になるか、自分も楽しみにしています」と語っている。

ヒロインを演じるスカーレット・ヨハンソン

 メガホンを取るのは『スノーホワイト』のルパート・サンダーズ監督。『スパイダーマン』シリーズのアヴィ・アラッドアリ・アラッドスティーヴン・ポールがプロデューサーに名を連ね、製作総指揮はアニメ版「攻殻機動隊」を手掛けた Production I.G の石川光久をはじめ、藤村哲也マイケル・コスティガンジェフリー・シルヴァーが担当。2017年3月31日に全米公開され、全世界配給も予定されている。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]