カート・コバーンの娘が離婚 父の遺産540億どうなる?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
カート・コバーンに抱かれるフランシス・ビーン・コバーン - Jeff Kravitz / Getty Images

 1994年に27歳の若さで急逝したニルヴァーナのフロントマン、故カート・コバーン氏の娘フランシス・ビーン・コバーンが離婚することが明らかになり、彼女が父親から相続した遺産約4億5,000万ドル(約540億円、1ドル120円計算)の行方が注目されている。米People誌などが報じた。

【写真】カート・コバーンの死の謎に迫る映画

 カートの愛娘フランシスは、かつて絶縁状態を報じられた母コートニー・ラヴのインスタグラムに最近では度々登場するなど、親子関係の改善はうまくいっていたようだが、大切なパートナーと良好な関係を築くことはできなかったようだ。

[PR]

 カートとコートニーの間に生まれた一人娘フランシスは23歳。バンドマンのイザイア・シルバと約3年の交際を経て2014年に結婚したが、この度、約2年に及んだ結婚生活にピリオドを打つこととなった。同誌が入手した2人の離婚申請書によると、フランシスはカートの遺産540億円の一切をイザイアに譲ることを拒否しているが、離婚後の扶養料をイザイアに払うことは容認しているという。

 若くしてこの世を去りながらも、素晴らしいロック・ミュージックで今なお世界を魅了し、フランシスには莫大な遺産を残したカート・コバーン。昨年には彼の死因の他殺説を追求するドキュメンタリー映画『ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン 死の疑惑~』が公開されて話題を呼んだ。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]