多部未華子は20歳!?要潤は未来人!?“あやしい噂”を検証

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主演映画の初日を迎えた多部未華子

 女優の多部未華子が最強にキュート、コミカル、破天荒なヒロインを演じる映画『あやしい彼女』の初日舞台あいさつが1日、都内で行われ、主演の多部をはじめ、共演者の要潤倍賞美津子北村匠海志賀廣太郎小林聡美水田伸生監督がそろって登壇、作品名にちなんでキャストにまつわる“あやしい噂”が検証された。

【写真】未来人疑惑の要潤かっこよすぎる!

 多部は「この日(初日)を迎えて緊張していますが嬉しいです」とあいさつ。水田監督は「僕は緊張で眠れなくて朝4時には起きてしまいました」と話して笑いを取り、出演者の間に漂っていた緊張をほぐした。多部の魅力について水田監督は「可愛いところですよ」と即答し、作品の仕上がりにも自信をのぞかせた。

[PR]

 エイプリルフールのこの日は、本作のタイトルと絡めて出演者の“あやしい噂”を検証。27歳の多部が「実は20歳なのでは」という噂が検証されることに。スクリーンには20歳のときの多部が映し出され、チャームポイントでもあるえくぼが20歳にしては珍しいことや、あごが細く10代に見えるという解説が読み上げられる。

 それを聞いた多部は「わたしのあごは小さくて、犬歯から犬歯の間に4本生える歯が、3本しか生えなかったんです。歯医者さんに『1本無いですね』と言われました」と説明。そして「わたしのあごは未発達なんです」と発言して周囲を驚かせた。また、「要潤は未来人説」も検証され、要の顔写真と100年後の未来人の平均顔がスクリーンで比較されたが、要は「ぜんぜん違うでしょ。似てない!」と断固否定していた。

初日舞台あいさつを行った水田伸生監督、北村匠海、小林聡美、多部、倍賞美津子、要潤、志賀廣太郎

 『舞妓 Haaaan!!!』『謝罪の王様』などの水田監督がメガホンを取った同作は73歳のおばあちゃんが心はそのままに、突然20歳に若返ってしまったことから巻き起こる珍騒動を描いたホームコメディー。バンドのボーカルとしてポップスから60年代の歌謡曲まで、多彩なナンバーを披露する多部の歌唱シーンも見どころとなっている。(福住佐知子)

映画『あやしい彼女』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]