ノア・ワイリー 「ライブラリアン」第3シーズンでは監督と脚本も

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ノア・ワイリー - Theo Wargo / Getty Images for Turner

 テレビドラマ「ER 緊急救命室」のノア・ワイリーが、製作総指揮を務めている「ザ・ライブラリアンズ(原題)/ The Librarians」の第3シーズンで再びフリン・カーソンを演じるとDeadlineなどが報じた。

【写真】ノア・ワイリー出演『ドニー・ダーコ』

 ノアはテレビ映画「ライブラリアン」シリーズで同役を演じ、テレビシリーズになってからはゲスト出演という形で顔を出していたが、第3シーズンでは10エピソード中7エピソードに登場するとのこと。また、2エピソードを監督する予定のほか、1エピソードの脚本も手掛けるという。ノアは主演を務めていた「フォーリング スカイズ」が終了し、自由が利くようになったようだ。

[PR]

 テレビ映画で一緒に製作総指揮を務め、同ドラマのシリーズ化をノアと一緒に実現させたディーン・デヴリンは、「ノアが7エピソードに出演、そして監督と脚本と、大きく関わってくれるのは最高だ。みんなで故郷に戻ってきた気分だよ」とうれしさを語っている。

 第3シーズンはストーリー的に、これまでよりも少し怖いものになるそう。リスクも高くなり、それをキャラクターたちがどう対処するかも見ものだという。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]