ハリウッドで求められる“空気の読み方”ディズニーで働く日本人が明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ディズニーで働く日本人アーティスト成田裕明 - (C)KaoriSuzuki

 映画『ズートピア』に携わっている日本人アーティスト、成田裕明がハリウッドの製作現場に求められている“空気を読む”スキルについて語った。

映画『ズートピア』フォトギャラリー

 これまでに『オズ はじまりの戦い』『アメイジング・スパイダーマン』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』などの作品に関わってきた彼は、ディズニーには『ベイマックス』から、ビジュアル・エフェクツ・アーティストとして参加。これまでにさまざまな映画スタジオ作品に参加してきた経験から、ハリウッドで働くために一番重要なことは「察する力」だと話す。

[PR]

 「常々、『感受性』というか『察する力』が大事だなと思うんです。ほかのアーティストの方と話しているときも、日本人は察する力が強いという話題になるんですよね。普段から集団的な行動が多いからかもしれませんが」。成田は続けて、自分たちが作った映像を監督やスーパーバイザーに見せた際に、彼らのコメントから一体何を求めているのかを察することが仕事の効率につながると熱弁。「いち早く察しないと次の作業に入れませんし、違う方向で進んでしまうとまた修正するのに時間がかかってしまいます。そうすると、最終的には作業効率が落ちてしまうんですよね」。

 日本人は仕事が速いと言われることもあるのだという。だが彼は仕事のスピードが速いというよりも、求められているものを絞って少しずつ進んでいけるという特性が良い影響を与えた結果だと分析。“空気を読む”スキルは、やはり日本だけではなくハリウッドでも必要とされていた。(編集部・井本早紀)

映画『ズートピア』は4月23日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]