ディーン・フジオカ、「精霊の守り人」新キャストに!シーズン2に出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主演の綾瀬はるかと新キャストが出席

 女優の綾瀬はるかが主演を務めるNHK大河ファンタジー「精霊の守り人」シーズン2の出演者発表会見が8日に都内で行われ、ディーン・フジオカが新たに出演することが発表された。この日ディーンは出席しなかったものの、綾瀬のほか、新キャストの板垣瑞生鈴木梨央真木よう子柄本明鈴木亮平壇蜜が登壇した。

【写真】綾瀬はるか、鈴木梨央らキャストが登場!会見ギャラリー

 本作は、人と精霊が共生する世界を舞台にした上橋菜穂子の異世界ファンタジー「精霊の守り人」ほか「守り人」シリーズを原作に、綾瀬ふんする女用心棒バルサと王子チャグムの冒険を描く。シーズン2ではチャグム役を板垣が務め、ロタ王国の人々役で真木(シハナ)、柄本(スファル)、鈴木梨央(アスラ)、ディーン(イーハン)、壇蜜(トリーシア)、タルシュ帝国の密偵・ヒュウゴ役で鈴木亮平が出演する。

[PR]

 成長したチャグムを演じる板垣は、「そうそうたるメンバーで困惑というか、緊張しています。皆さんどうか温かく迎えてください」とあいさつ。子役の鈴木梨央も「大河ファンタジーに出演することができて、本当に嬉しいです。綾瀬さんはわたしの憧れの女優さん。嬉しいです」とにっこり語っていた。

 壇蜜は「まさかの2人の子持ち役。宿命に翻弄される女性の役で、現代に生きている(わたしの)訳あり感を発揮して頑張っていけたら」とコメント。さらに、「特殊メイクでわたしの自慢の眉毛がなくなるらしいので、楽しみにしています」と話し、過去にディーン演じるイーハンと恋愛関係にあったという設定について問われると、「見つめ合うシーンがあるとは書いてありました。会ったことがない方なので楽しみです」と笑顔を見せた。真木も同じくイーハンに好意を抱く役どころで、「日本にいなかったのでディーン・フジオカさんのことをまったく知らなくて……」と話すも、共演を楽しみにしている様子だった。

 綾瀬は「今回初めましての方も多いですが、新しいみなさんとできることを楽しみにしています。梨央ちゃんとは今回初めて長く一緒に撮影をさせてもらえるので、楽しみにしています」と新メンバーに期待を寄せていた。(取材・文:名鹿祥史)

NHK大河ファンタジー「精霊の守り人」シーズン2は2017年1月から放送(全9回)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]