山崎賢人「キングダム」実写映像が公開 地震のため完成披露試写中止

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
山崎賢人主演「キングダム」の実写特別映像が公開 - (C) 原泰久/集英社

 18日に予定されていた、俳優・山崎賢人を起用した人気漫画「キングダム」の連載10周年企画となる実写特別動画の完成披露試写会が、14日から発生した熊本地震の影響を鑑みて中止となった。実写動画は同日から特設サイトで公開。山崎からは、被災地に向けたお見舞いのコメントが発表された。

【写真】山崎賢人「キングダム」信を熱演!フォトギャラリー

 山崎は、「熊本のみなさん、九州のみなさんのことが心配です」と被災した人たちを気づかうと、「今とても辛い時だと思います。余震が続いて、僕が想像できないくらい怖い思いをしていると思います。自分自身、周りの方々を大切にしてくれぐれも気をつけて行動してください。1日でも早くみなさんが安全に過ごせるように、 みなさまのことを心から思っています」とメッセージを送った。

[PR]

 「キングダム」は、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の原泰久による歴史大作。紀元前の中国・春秋戦国時代を舞台に、戦国七雄の一つ「秦国」で奴隷として暮らす少年・信が、さまざまな武人たちとの出会いと別れを経験しながら、天下一の将軍を夢見て突き進む姿を描く姿を描き、累計発行部数2,300万部を突破、テレビアニメ化もされるなど、絶大な人気を獲得している。

 実写映像で山崎は、春秋戦国時代の中国を再現した大規模なセットにおいて、ボロボロになりながら逆境に立ち向かう信を熱演。撮影は3月中旬、中国浙江省にある横店影視城で行われ、早朝から深夜までほぼノンストップで進行。山崎は連日、気温7度の環境下で、ずぶぬれの戦闘シーンや大量の砂埃にまみれながらの対決シーンなど、過酷な撮影に挑んだ。

 大規模ロケについて「とにかくスケールがでかい、そして衣装や小道具もすごく細かく作られていて、キングダムの世界にタイムスリップした気分でキングダムの世界を、名シーンを表現することに、ワンシーンワンシーン、興奮しながら撮影してました」と振り返った山崎は、信を演じるにあたり、「仲間を思う気持ちやとにかく『野性』を大事にしました」とコメント。動画には信だけでなく、女剣士・羌カイ(きょうかい)や最強の敵・ホウ煖(ほうけん)ら原作の人気キャラも登場するなど、「キングダム」の世界が凝縮された仕上がりとなっている。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]