貞子と伽椰子、対面!世紀の最恐対決映像が公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
軍配はどちらに? - (C) 2016「貞子vs伽椰子」製作委員会

 貞子と伽椰子、日本の2大ホラーヒロインが対決する映画『貞子vs伽椰子』の予告編が公開、双方の呪いがついに交わる極限の恐怖が映し出された。同映像内でヘビーメタルバンド聖飢魔IIが歌う主題歌も初お披露目されている。

 『リング』シリーズから貞子が、『呪怨』シリーズから伽椰子が登場し、2つの呪いが交錯するというJホラーファン待望の最恐シチュエーションを実現させた本作。主演を『東京PRウーマン』などの山本美月が務め、『戦慄怪奇ファイル』シリーズや『ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~』などの白石晃士監督がメガホンを取った。

 観た者は必ず死ぬという“呪いのビデオ”を目にしてしまった主人公・有里(山本)。一方、訪れた者は必ず死ぬ“呪われた家”に足を踏み入れた女子高生・鈴花(玉城ティナ)。呪いにかかった2人が互いの呪いを打ち消し合うおうとしたことから、貞子と伽椰子の対決が幕を開ける。

[PR]

 初っ端から呪いのビデオが再生される攻めまくりな予告編は、劇場公開が待ち遠しいホラーファンをしり込みさせてしまうかもしれない仕上がりだ。霊媒師の経蔵(安藤政信)の「バケモノにはバケモノをぶつけるんだよ」という助言に端を発する禁断バトル。テレビ画面から貞子が這い出てくると、階段からは伽椰子が這い下りてくる。初披露となる聖飢魔IIによる主題歌「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」に乗せ、おぞましい光景が次々と映し出されていき、ビデオテープを握りつぶす伽椰子、そして髪を絡めて締めつける貞子……逃げ場のない恐怖に上り詰める。

 併せて公開されたポスタービジュアルは、そんな貞子と伽椰子が向かい合う、一触即発の1枚。主演の山本らの恐怖の表情も印象的だ。また、本作は邦画ホラーとして初めてのドルビーアトモス上映も決定。立体音響システムにより、貞子が登場するテレビのノイズや「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」という伽椰子独特の奇声を、まるで同じ空間に存在しているかのように味わうことができる。(編集部・小山美咲)

映画『貞子vs伽椰子』は6月18日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]