人食いサメが美女を…満潮になると沈んでしまう岩場での究極サバイバル、7月公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ロスト・バケーション』ポスタービジュアル

 悪夢のようなワンシチュエーションの中でサメと対峙したヒロインの死闘を描く新作の邦題が『ロスト・バケーション』に決定し、7月23日より日本公開されることが明らかになった。併せて予告編も公開され、主演を務める人気女優ブレイク・ライヴリーが岩場で人食いサメにおびえる姿が披露された。

 バケーションで憧れの秘境ビーチを訪れたサーファーで医者のナンシー(ブレイク)は、日が暮れるのも忘れてサーフィンに没頭していた。突然、海中で何かにアタックされ脚にケガを負いながらも、必死に近くの岩場までたどり着く。ナンシーの至福の時間は“海のモンスター”こと人食いサメの出現により、一変するのであった。満潮になると沈んでしまう岩場で、残された時間は100分。岩場から岸までは200メートル。タイムリミットが刻々とナンシーに迫っていく……。

 今回公開された予告編では、透き通るような青く美しい海で、ブレイク演じるナンシーが岩場にたどり着くシーンで始まる。岸はすぐそこだが、それよりも近くに人食いサメの影が忍び寄る。最悪なシチュエーションに立たされ、おびえるブレイクの表情がさらなる恐怖心をあおる。一方で、ファッションアイコンとしても知られるブレイクはウェットスーツに身を包み、178センチというスレンダーなボディーを披露している。

[PR]

 監督は『フライト・ゲーム』『ラン・オールナイト』などのスペインの鬼才ジャウマ・コレット=セラ。たったひとり海に残された女性が、抗えない状況でどうやって生き延びていくかを、五感に訴えるスリリングな演出で緊張感たっぷりに描く。(編集部・石神恵美子)

映画『ロスト・バケーション』は7月23日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]