「NCIS」降板マイケル・ウェザリーの新ドラマがシリーズ化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
やったね!マイケル・ウェザリー - Barry King / Getty Images

 米テレビドラマ「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」を降板したマイケル・ウェザリー主演の新ドラマ「ブル(原題) / Bull」と、キャサリン・ハイグルの新ドラマ「ダウト(原題) / Doubt」などのシリーズ化が決定した。The Hollywood Reporter などが報じた。

 「ブル(原題)」は、心理学者でトークショー「ドクター・フィル(原題) / Dr. Phil」の司会者フィル・マッグロウが、陪審員の選出を手助けするコンサルタントをしていた時期をもとにしたドラマ。マイケルが演じるのは、弁護士の戦略にあった陪審員を選出するため分析を行うコンサルタント会社のトップ、ドクター・ブル。野性的なルックスと知性は女性を引き付け、残酷なまでに率直な男とのこと。マイケルのほかには、「シックス・フィート・アンダー」でフェデリコを演じたフレディ・ロドリゲス、「LAW & ORDER クリミナル・インテント」のフェイス・ヤンシー役で知られるジェニーヴァ・カーなどがキャスティングされている。

 キャサリン・ハイグルの新法廷ドラマ「ダウト(原題)」は当初パイロット版を「プライベート・プラクティス」でシャーロット・キングを演じたケイディー・ストリックランドで製作したが、シリーズ化が一度見送られた作品。昨年8月にキャサリンを主演に置き換えてパイロット版を撮り直し、この度シリーズ化が決定したという。

[PR]

 ストーリーは、専門分野に特化した法律事務所で働く被告側弁護士セイディ・エリス(キャサリン)は、弁護士として成功を収めているが、残忍な事件を犯したかもしれない依頼人ビリーと交際を始めてしまうというもの。ビリー役も当初のテディ・シアーズから、「レスキュー・ミー ~NYの英雄たち」でショーン・ギャリティを演じたスティーヴン・パスクールに変わっている。

 このほかにも、シリコンバレーを舞台にした医療ドラマ「ピュア・ジニアス(原題) / Pure Genius」、マット・ルブラン主演の「マン・ウィズ・ア・プラン(原題) / Man With a Plan」などのシリーズ化が発表されている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]