金爆・鬼龍院、手術後初登場で復活宣言!「歌もライブも元気に大声で」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大声は封印しつつ、ランニングマシーンで猛ダッシュした鬼龍院翔

 人気エアーバンド、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔が23日、都内で行われた「ストライド×ゴールデンボンバー キャンペーン」発表会に登場、声帯ポリープ手術後初めて報道陣の前に現れた。経過は順調なようで、大声は封印しながらも激しいパフォーマンスで会場を沸かせ、「来月からは元気に大声で、歌もライブもやっていきます」と宣言した。

【写真】金爆が爆走!「止められない記者会見」

 止められない噛み心地が特徴のガム「ストライド」から「ストライド ゴールデンシトラス」が発売されたことを記念し、ゴールデンボンバー(鬼龍院、喜矢武豊樽美酒研二歌広場淳)は、ランニングマシーンで3分間走り続けながら商品をPRする「止められない記者会見」に出席。メンバー同士、横を走る人のマシーンの速度を勝手に上げるため、歌広場は時速20キロメートルで猛ダッシュ、喜矢武もスピードについていけず思わず転倒するなどしながら、4人合わせて2キロメートルを完走した。病み上がりの鬼龍院は「(猛ダッシュの)必要あったんでしょうかね……」と言いながらも、「伝えたいという気持ちは伝わったかと思います」とやり切った表情を見せた。

 今月上旬に手術を受け、安静のために引きこもり生活をしている鬼龍院は、「人に会うとしゃべっちゃうので外に出ないです。部屋では主にAVを見ています」と家での様子を説明。メンバーからお見舞いなどはないそうで、「そっとしておいてくれたのが一番の支えですかね。期待もしていないです」とシニカルな笑みを浮かべた。そんな鬼龍院に樽美酒は「(快気祝いに)俺のポリープをあげようかな」と冗談を飛ばして、笑いを誘っていた。(取材/錦怜那)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]