シネマトゥデイ

ジェフ・ブリッジス、実際に起きた山火事の消火活動で亡くなったエリート消防隊を描く映画に出演へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェフ・ブリッジス - Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

 アカデミー主演男優賞に輝いた映画『クレイジー・ハート』や『ギヴァー 記憶を注ぐ者』などのジェフ・ブリッジスが、2013年にアリゾナ州で実際に起きた山火事の消火活動中に亡くなった、ホットショットと呼ばれるエリート消防隊19人を描く映画に出演することになったとDeadline.comなど多数媒体が伝えた。

【動画】アカデミー賞主演男優賞受賞『クレイジー・ハート』

 タイトル未定の本作には、すでに映画『ヘイル、シーザー!』のジョシュ・ブローリン、映画『セッション』のマイルズ・テラー、映画『ワールド・ウォー Z』のジェームズ・バッジ・デールらの出演が決まっている。

[PR]

 ブリッジスと共にこの度新たにキャスティングに加わったのは、映画『ローン・サバイバー』のテイラー・キッチュ。それぞれの役どころは明らかにされていない。

 監督は、映画『トロン:レガシー』のジョセフ・コシンスキー、映画『ブラックホーク・ダウン』の脚本家ケン・ノーランが脚本を手掛けている。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]