声優・神谷明、高飛車な警察に不信感!あいまいな理由の職質に「善意が踏みにじられた」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
不審尋問に「悔しくて悲しかった」とつづった神谷明(画像は神谷明オフィシャルブログのスクリーンショット)

 テレビアニメ「シティーハンター」の冴羽リョウ役や「北斗の拳」のケンシロウ役などで知られる声優の神谷明が、自身のブログで警察官に職務質問を受けたと報告、警官の態度や納得できない職質理由への不信感をあらわにした。

 24日、「今、警視庁の警察官から不審尋問を受けた」と報告した神谷。呼び止められた理由は「足早に歩いていたから…」だけだったと明かし、「普段から足早だし、約束のお見舞い時間に遅れていて、そのお詫びの電話中にだ…。名乗っても意に介してもらえず、ポケットから小さなバッグまで検査された。職務とはいえ、理由が曖昧すぎる」と不満とともに尋問の様子を明かした。

 さらに、対応した警察官について「その目からは、感情のかけらも読み取ることが出来ませんでした」と続けた神谷は、「自分の演技の参考にしたいと思います」と気持ちを収めたものの、翌日の更新で「どう考えても、腹の虫が収まりません」と再び言及。

[PR]

 「ボクが悔しくて悲しかったのは、警察官達の問答無用の対応でした。怪しい(感じであろうとなんであろうと)と思えば、相手の言うことなど聞く耳を持たないという態度です。『言うことを聞け!』ですね」と納得ができない理由を明かし、職務であることは理解しながらも、「職務質問冒頭の挨拶も高飛車でしたね。もちろんお詫びの言葉などあろうはずもございませんでした。善意が踏みにじられた気がしております」とくやしさをにじませた。

 この報告を受け、コメント欄には「それは嫌な思いをされましたね」「本当に残念な事ですね」などファンからの賛同や励ましが殺到。その後の更新で神谷は、「皆さん前のブログに沢山のコメントありがとうございました。一晩明けて少し心のモヤモヤが晴れてきました。あの件は、ここで収めたいと思います。心機一転、先を見て動き始めます」とつづっている。(西村重人)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]