初キスシーンに挑むA.B.C-Z河合、橋本とのキス練習に感謝

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
攻めまくりメイクで橋本良亮らと共演しているROLLY

 A.B.C-Z橋本良亮河合郁人がW主演を務める舞台「コインロッカー・ベイビーズ」の公開ゲネプロが3日、赤坂ACTシアターで行われ、橋本と河合が事前に報道陣の取材に応じた。本舞台で初のキスシーンを演じる河合は、製作会見時に橋本とキスの予行練習をして会場を盛り上げたが、この日はその時のキスについても振り返った。

【写真】A.B.C-Z橋本良亮&河合郁人主演舞台 製作発表会見ギャラリー

 取材には2人のほかに真田佑馬ROLLY芋洗坂係長も出席。取材陣からキスシーンの出来栄えを問われた河合は、「曲に合わせてとか、ストーリーに合わせてやるという感じなので緊張せず、スムーズにできました」とニヤリ。「事前に橋本とチューしたおかげ」と前回の橋本とのキスについても言及した。

[PR]

 またド派手なメイクで登場したROLLYは橋本と河合の稽古場での様子について「我々からすると自分たちの子供のような年齢なのに、その情熱たるや……自分たちも見習わないといけない」とその熱意を絶賛。歌唱シーンについても「橋本さんはガッツリ歌うし、河合君のシャウトは劇画的。熱量がすごいです」と紹介した。

ROLLYと芋洗坂係長

 一方の芋洗坂係長は河合の酒好きを明かし、「酒が強い」とニヤニヤ。役者としての2人については「毎日変わっていく、進化していく2人を見て若いっていいなって思った」とうらやましげな表情でコメント。これに橋本は「僕らがパワーアップできたのはみなさんがやさしいおかげ。僕らは褒められて伸びるタイプなので」と返して集まった報道陣をわかせていた。

 舞台は実際に起きたコインロッカー幼児置き去り事件を題材に村上龍が1980年に発表した同名小説が原作。コインロッカーに置き去りになったハシ(橋本)とキク(河合)が葛藤しながらも生きていく姿を描く。(取材・文:名鹿祥史)

舞台「コインロッカー・ベイビーズ」は6月4日から19日まで赤阪ACTシアターにて公演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]