更生施設が実はギャングの養成学校…ドゥードル兄弟、初めて共同監督で映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
兄弟です!‐ジョン・エリック・ドゥードル&ドリュー・ドゥードル - Jason Merritt / Getty Images

 映画『デビル』や『クーデター』のジョン・エリック・ドゥードル監督が、弟のドリュー・ドゥードルと共に強盗映画『ザ・ギャフィン・アカデミー(原題) / The Gafin Academy』のメガホンを取ることになったとDeadline.comが報じた。

【動画】もしも海外で滞在中にクーデターが起こったら…『クーデター』

 これまで、兄のジョン・エリックが監督、弟のドリューは製作を務め、二人が共同で脚本を手掛けるという形が多く、共同監督を務めるのはこれが初となる。

[PR]

 本作は、アメリカの作家ダニー・キングの2008年の小説「スクール・フォー・スカムバッグス(原題) / School For Scumbags」の映画化。表向きは非行少年たちの更生施設で、実は強盗犯の養成学校であるギャフィン・スクールに送り込まれた主人公を描く。

 今秋より撮影開始予定。キャスティングについてはまだ明らかになっていない。(鯨岡孝子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]