『オデッセイ』がV2!土屋太鳳&山崎賢人主演『オレンジ』が初登場2位

週間レンタルランキング

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
巨匠リドリー・スコット監督が描く奇跡のSFサバイバル『オデッセイ』 - (C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

 6月13日付のTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングは、『オデッセイ』が2週連続で首位を獲得した。

【動画】植物科学者の知識を使って生き延びるスゴ技!

 火星にたった一人取り残された宇宙飛行士マーク(マット・デイモン)は、空気も水も通信手段もない絶望的な状況にもかかわらず、科学的な知識を駆使して問題をクリアしていく。生存と地球への帰還のため不屈の精神で耐え抜く姿や、時に見せるユーモアが映画全体を引っ張っている。

[PR]

 2位は初登場の『orange-オレンジ-』。同名人気コミックを土屋太鳳山崎賢人というNHK連続テレビ小説「まれ」のコンビで映画化した青春純愛ストーリー。高校2年生の春、高宮菜穂(土屋)の元に10年後の自分から手紙が届く。そこには転校生の翔(山崎)を好きになること、翔が1年後には死んでしまうことが書かれていた。そのことを知った菜穂は運命を変えようと奮闘する。

 ジョニー・デップが実在のマフィアのボスを演じた『ブラック・スキャンダル』が3位に初登場。1970年代、アメリカ・ボストン。FBI捜査官コノリー(ジョエル・エドガートン)は、アイルランド系マフィアのボスで幼なじみのバルジャー(ジョニー)に敵対する組織の情報を売るよう持ち掛ける。バルジャーの情報でコノリーは出世していく一方、バルジャーもFBIの庇護(ひご)のもと、絶大な権力を握るようになる。また名声を望むバルジャーの弟であり政治家のビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)もコノリーと組み権力を手に入れる。ギャング、FBI、政治家が手を組んだアメリカ史上最悪の汚職事件を描くクライムサスペンス。

 また、5位には竹内結子橋本愛の初共演作となるホラー映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』が初登場でランクイン。ミステリー小説家の「私」(竹内)の元に読者の女子大生・久保さん(橋本)から「住んでいる部屋で奇妙な音がする」という手紙が届いたことから事件に巻き込まれることとなる。二人が調査をするうちに、過去の住人たちが転居先で自殺や無理心中などの事件を引き起こしていたことがわかる。なぜ彼らはその部屋ではなく、別の場所で事件を起こしたのか……。作家仲間や心霊マニアも加わり、真相に迫る。監督は『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』などサスペンス映画の名手・中村義洋

今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)
1位『オデッセイ』(1位)
2位『orange-オレンジ-』(初登場)
3位『ブラック・スキャンダル』(初登場)
4位『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2位)
5位『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』(初登場)
6位『劇場版 MOZU』(3位)
7位『白鯨との闘い』(4位)
8位『バケモノの子』(9位)
9位『ジュラシック・ワールド』(11位)
10位『ザ・ガンマン』(10位)

 今週は15日に吉永小百合と嵐の二宮和也が初共演で親子を演じたことでも話題の映画『母と暮せば』がレンタル開始となる。『オデッセイ』が3週連続首位獲得なるかに注目したい。(取材・文:相良智弘)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]