「アルフ」の中の人、死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ご冥福をお祈りします - 写真はアルフ - Alan Levenson / The LIFE Images Collection / Getty Images

 1980年代のテレビドラマ「アルフ」でエイリアンのアルフを演じていたミッチュ・メサローシュさんが亡くなったとTMZ.comが報じた。76歳だった。

 マネージャーのデニス・ヴァルガによると、ミッチュさんは8年前に脳梗塞を患って以来、健康状態がすぐれなかったという。先週、トイレで意識不明になっているところをデニスが発見し、ミッチュさんは救急車でロサンゼルスの病院に搬送されたが、意識は戻らなかった。

 サーカス出身のミチュさんの身長は約84センチ。ハンガリー生まれ。アルフは操り人形だったが、歩いたり、走ったりするシーンではミチュさんが中に入っていた。声はポール・フスコが担当。日本語吹き替え版では所ジョージが声優を務めていた。

 ミチュさんは映画『ピーウィー・ハーマンの空飛ぶサーカス』にカメオ出演していたほか、マイケル・ジャクソンさんのペプシのコマーシャルにも2本出演しており、マイケルさんと仲が良かった。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]