ジュディ・デンチ、ヴィクトリア女王役!スティーヴン・フリアーズ監督の新作

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
今度はどんな感じで演じようかしら~  - ジュディ・デンチ - Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

 ジュディ・デンチが、映画『クィーン』『ハイ・フィデリティ』のスティーヴン・フリアーズ監督の新作『ヴィクトリア・アンド・アブドゥル(原題) / Victoria and Abdul』で、ヴィクトリア女王を演じることになったとDeadline.comなど多数媒体が伝えた。

【写真】ジュディ・デンチ出演『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』

 本作は、作家シャラバニ・バスによる書籍「ヴィクトリア・アンド・アブドゥル:ザ・トゥルー・ストーリー・オブ・ザ・クイーンズ・クローゼスト・コンフィダント(原題) / Victoria and Abdul: The True Story of the Queen's Closest Confidant」を基に映画化するもので、ヴィクトリア女王とインド人使用人だったアブドゥル・カリムとの友愛関係が描かれる。脚本は、映画『リトル・ダンサー』『戦火の馬』の脚本家リー・ホールが手掛ける。

 デンチは、1999年の映画『Queen Victoria 至上の恋』でもヴィクトリア女王を演じ、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされている。公開は2017年予定。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]