トムヒ涙!堕ちていくセレブたち…

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スタイリッシュな新ビジュアル!…どこか意味深 - (C) RPC HIGH-RISE LIMITED / THE BRITISH FILM INSTITUTE / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015

 映画『マイティ・ソー』シリーズのロキ役で大ブレイクしたトム・ヒドルストンをはじめとする人気英国俳優たちが勢ぞろいし、SF小説の巨匠J・G・バラードの小説を映画化した『ハイ・ライズ』から日本オリジナル予告編が公開され、夢のようなタワーマンションに住むセレブたちが内部で起きた階級闘争をきっかけに堕ちていくさまが披露された。

『ハイ・ライズ』日本オリジナル予告編

 次期ジェームズ・ボンドの有力候補として熱い視線を集め、さらには歌手テイラー・スウィフトとの熱愛が報じられるなど、今最も世間を騒がせている俳優トムが主演を務める本作。パーティー三昧の贅沢な毎日を謳歌するセレブたちが住むタワーマンションには、階層ごとに社会的地位で分けられた“階級社会”が存在していた。そんな中、引っ越してきた医者ラング(トム)は、住人たちの間に生まれた摩擦が、ある夜の停電を境に暴動へと発展していく事態に引きずり込まれていく。

[PR]

 今回公開された予告編では、ラグジュアリーな内装や抜群の眺望という、誰もがうらやむ夢の生活を具現化したかのような住居空間を提供するタワーマンション(=ハイ・ライズ)が映し出される。トムふんする医師ラングはスーパーやジム、エステサロンなどを利用し、新生活を満喫している様子。しかし、このマンションを設計し最上階に君臨する建築家ロイヤル(ジェレミー・アイアンズ)やラングと濃密な関係を築くことになるシングルマザーのシャーロット(シエナ・ミラー)ら様々な住人と接点が生まれることにより、フロアごとに厳しい階級社会が存在するマンションの“もうひとつの顔”を知ることになる。

 下層階に住むTVディレクターのワイルダー(ルーク・エヴァンス)が不満を募らせ、ついに階級闘争が勃発し、一気に混乱に陥る住民たち。涙を浮かべたりどこか物憂げなラングの表情や、ユートピアであったはずのマンションが一気にディストピアへと変わっていくさまに目が離せない予告編となっている。(編集部・石神恵美子)

映画『ハイ・ライズ』は8月6日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]