90%は死亡、9%は奇形のジョーカーに…

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
僕は関わらないよ。- ジョージ・R・R・マーティン - Paul Archuleta / FilmMagic / Getty Images

 テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作者ジョージ・R・R・マーティンのSF小説「ワイルド・カード」シリーズが、テレビドラマ化されるとジョージが自身のlivejournalで発表した。

【写真】「ゲーム・オブ・スローンズ」

 それによると、ユニバーサル・ケーブル・プロダクションズが「ワイルド・カード」シリーズのドラマ化権を取得したとのこと。早ければ1、2年で放送がスタートし、今後、連動するシリーズになっていく可能性もあるという。

[PR]

 TV Line などによると、「ワイルド・カード」シリーズはアメリカで現在までに22巻が出版されており、今月中に23巻が発売されるそう。1946年にマンハッタン上空で巻かれた地球外ウイルスが、全世界に広がり、黒のクイーンを引いた形となった90%は死亡。9%は奇形のジョーカーとなり、エースを引いたラッキーな1%は特別な力に恵まれ、世界は大きく変わってしまうという設定だという。

 ジョージは「ゲーム・オブ・スローンズ」を製作、放送している米HBO局と専属契約を結んでいるため、「ワイルド・カード」のドラマ化には一切関わらないとのこと。代わりに長年、彼の編集アシスタントを務めているメリンダ・M・スノッドグラスがエグゼクティブプロデューサーを務めるそうだ。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]