シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

山里亮太にまさかの飛び火!?aikoライブでサプライズ続出

山里亮太にまさかの飛び火!?aikoライブでサプライズ続出
aikoのライブにはサプライズがたくさん! - 写真:岡田貴之

 歌手aikoのライブツアー「Love Like Pop vol.19」の最終公演(9月17日開催・渋谷NHK ホール)中、プライベートで観客席にいたお笑い芸人の山里亮太が急きょライブ中にファンの視線を一身に集めるサプライズが起き、観客から大歓声で迎えられた。そのほかにも同ライブではまさかの3回のアンコールなど、ファンを喜ばせる驚きの展開が続出した。

 スタート前からステージを覆う幕にプロジェクションマッピングで、「Love Like Pop vol.19 Final」とデカデカと映し出し、初っ端からファンの心をとらえた同日のライブ。暗闇からaikoの伸びやかな声が客席に広がった1曲目の「何時何分」では、ステージ中央に設置されたタワー型回転式LEDライトが格子状の窓から差し込む光のように輝き、2曲目の「プラマイ」では白黒のストライプのスカートをひらめかせて歌い踊るaikoに合わせるように赤・青・白の3色を基調とした照明が激しく光るなど、ライトやレーザーや液晶をフル活用した光を意識した演出で、観客は“aikoの世界”に引きずり込まれていく。

 しかしその光に負けず、aikoも客席中央部まで伸びた特設ステージ会場を走り回り、飛び跳ね、ノンストップで歌い続ける。4曲目の「milk」でようやく一回目のMCタイムに入ると、aikoは「みんなに『aiko、もういらん』と言われるくらい、一言一言、一曲一曲に気合い入れていきます」と宣言。その言葉の通り、MC中もaikoは全力でファンと交流。ファンから投げ掛けられる言葉は一言たりとも聞き逃さないように拾い上げ、キレのある突っ込みで返答していく。そして会場にいたあるファンを見つけると、先日彼女と渋谷のタワーレコードでファンに声を掛けたエピソードを披露。客席からは「えーッ!!」という驚嘆の声が上がっていた。

 MC終了後には5曲目の「信号」から、8曲目の新曲「微熱」までぶっ通しで熱唱。歌えば歌うほどキレや伸びを増していきながら、「もっと」「シャッター」「洗面所」では切ない思いを歌い上げ会場の涙を誘ったaikoは、ホールツアーでは恒例の弾き語りコーナーへ。会場にいたファンから即興のお題を募る最中にaikoは、翌週21日に放送されたTBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」で共演予定だった山里の姿を発見。

 ファンとの会話の流れから、ファンの代打となる形で山里にもお題を求めることになり、山里は「ハードルを上げないでもらってもよいですか……」と恐縮しつつも「ラジオ」と提案。そしてaikoは、ほかにも会場から募った「遠征費を下ろそうと思ったら下ろせなかった」「こち亀」「カン違い」「フラダンス」「手紙」「恋愛」のキーワードと合わせてオリジナルソングを作成。出来上がったのは「金を使い込まれた挙句、フラダンス教室で二股かけられた女性が山里のラジオに手紙を出す」という恨み節あふれる歌。会場の大爆笑をさらうも、aikoは「山里さん、巻き込み事故になっちゃったね」と反省していた。

熱唱するaiko - 写真:岡田貴之

 その後も懐かしの楽曲「September」を久々に歌い会場をどよめかせ、「帽子と水着と水平線」では会場のファンの手を握りしめ見つめあって歌い上げた彼女。楽曲「キスする前に」「イジワルな天使よ 世界を笑え!」と一気に後半戦を駆け抜けると、「ここまで一緒にライブを作ってきてくれてありがとうございました。最後の曲もみんなに届くように」とアカペラで「Loveletter」を歌いだし、会場へと向けたラブレターとばかりに一人一人に語りかけるように届けた。

 本編を終えると会場の声援に応え、「蒼い日」からアンコールがスタート。「どうしても聴いてほしい曲があります」と『映画「聲の形」』の主題歌「恋をしたのは」をサプライズで披露し、力強く切ない歌詞で真っすぐな思いを表現する。「後悔しないように楽しんでいってね! よろしく~!」と叫んだ「夢見る隙間」では、全てを出し尽くすように観客と共に飛び跳ねると、ツアーを作り上げてきたバンドメンバーとステージ前に。「またこの会場にいる皆さんに会えますように」と涙ぐみながら感謝を述べて幕を閉じた。

 そのままこの日一番となるファンの大歓声を受けつつ、ライブが終了……かと思いきや、2回目のアンコールで再びステージに登場。「まだまだ歌い足りない!」とロックナンバー「あたしの向こう」から始まる激しいサウンドで再び会場を沸かせた。さらに映像で「fin」と映し出された2回目のアンコール終了後にも、ファンの鳴りやまない歓声に応えるようにステージへ登場。往年の名曲「ボーイフレンド」で大合唱を巻き起こし、トリプルアンコールまで全28曲を歌唱し、約3時間半にも及ぶ最終日の幕を閉じた。長時間に亘るライブ中、終始aikoは「あー本当に終わりたくない」とファンと一緒にライブを楽しんでいる様子を見せていた。(編集部・井本早紀)

aiko Live Tour 「Love Like Pop vol.19」9/17東京・NHKホール セットリスト
M1.何時何分
M2.プラマイ
M3.どろぼう
M4.milk
M5.信号
M6.遊園地
M7.問題集
M8.微熱
M9.もっと
M10.シャッター
M11.洗面所
M12.愛だけは
M13.September
M14.好き嫌い
M15.冷凍便
M16.帽子と水着と水平線
M17.キスする前に
M18.イジワルな天使よ 世界を笑え!
M19.Loveletter
~アンコール~
M20.蒼い日
M21.恋をしたのは
M22.夏が帰る
M23.夢見る隙間
~ダブルアンコール~
M24.あたしの向こう
M25.相合傘
M26.ジェット
~トリプルアンコール~
M27.ボーイフレンド
M28.be master of life


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 3日
  5. 山里亮太にまさかの飛び火!?aikoライブでサプライズ続出