ボブ・ディラン、ノーベル賞授賞式は欠席「先約あり」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
先約があったボブ・ディラン - Lester Cohen / Getty Images

 ノーベル文学賞を受賞したミュージシャンのボブ・ディランだが、授賞式は「先約がある」ため欠席することが明らかになった。現地時間16日、ノーベル文学賞の選考委員会であるスウェーデン・アカデミーが発表した。

【画像】映画にも出ているボブ・ディラン

 10月13日にアカデミーが文学賞受賞者を発表するも沈黙を続けていたディラン。ようやく同28日にアカデミーがディランと連絡が取れ、「言葉を失っていた。この栄誉をとてもありがたく思います」と伝えられたと発表するも、12月10日にストックホルムで開催される授賞式への参加は「未定」となっていた。

[PR]

 アカデミーによると、15日夜にディランからの私信を受け取ったそう。そこには、先約があるため12月にストックホルムに行くことができず、授賞式にも出席できないこと、しかし受賞は大変光栄に思っており、ぜひ直接賞を受け取りたいと思っている旨が記されていたという。

 ノーベル賞受賞者が授賞式を欠席するのはまれだが、前例もあり、ノーベル文学賞がディランのものであることは変わらない。しかしそれには、授賞式が行われる12月10日から半年間以内に「ノーベル文学賞の講演」を行う必要がある。アカデミーは「講演を楽しみにしている」とコメントしている。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]