猫萌え「猫忍」で船越&福くんが初忍者役

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
金時の表情! - (C) 2017「猫忍」製作委員会

 「猫侍」の製作チームが新たに手がける癒やしアクションエンターテインメント「猫忍」(ねこにん)のドラマ&映画の追加キャストが発表され、船越英一郎鈴木福が初めての忍者役に挑戦することが明らかになった。

【写真】金時かわいいにゃ~

 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」への出演で知られる大野拓朗が主演を務める本作は、幼い頃に父親と生き別れて以来、愛を知らずに生きてきた忍者・久世陽炎太(くぜかげろうた)の物語。ある日、父親の面影がある太った猫と出逢った陽炎太は「父上」と名前をつけ、忍者の掟を破り人目を避けて飼い始める。

[PR]

 新たに出演が明らかになった船越が演じるのは、幼い陽炎太の前から姿をこつ然と消した父・久世剣山(くぜけんざん)。変化の術で猫の姿になることもある剣山役を務めた船越は、主役猫の金時(きんとき)に合わせ、鼻を赤くして撮影に臨んだそう。大野のデビュー作でも親子を演じ、デビュー当時は自宅の衣装部屋に大野を居候させていた時期もあるという船越は6年ぶりに親子として共演した大野に「たくましくもあり、色っぽくもある男。そんな感じになってきて嬉しいぞ、拓朗!」とメッセージを送る。

 一方、猫との写真がドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ系)でムックを抱いていた姿を彷彿(ほうふつ)とさせる鈴木は、忍者修行に励む幼い頃の陽炎太を熱演。撮影前から手裏剣の投げ方と木刀の振り方の練習をしていたと明かし、「少しだけですが上手くなった気がします。忍者役は楽しかったです」と初めての忍者役を振り返っている。

金時を抱く大野拓朗と、船越英一郎 (C) 2017「猫忍」製作委員会

 船越と鈴木の2人が「愛らしい」「可愛い」と絶賛する猫・金時が視聴者を癒やす「猫忍」。ほのぼのとした猫の姿と、日光江戸村の全面バックアップのもとに描かれる迫力の忍者アクションが入り交じる注目のエンタメ時代劇となりそうだ。(編集部・海江田宗)

ドラマ版「猫忍」は2017年1月放送開始
劇場版『猫忍』は2017年全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]