ファン号泣…最後のスマスマ、中居正広の意味深サインの真意は?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
いつかまた5人で! - iStock.com / Epitavi

 年内での解散を発表している国民的アイドルグループ・SMAPの冠番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)の最終回で、リーダーの中居正広が「世界に一つだけの花」歌唱中に見せたサインについて、ファンの間ではさまざまな解釈がなされている。

【写真】ミッツの”キムタク風”すっぴん

 26日が最後の放送となった同番組。ラストには、SMAP最大のヒット曲「世界に一つだけの花」を歌う姿が映された。ファンが注目しているのは、「もともと特別な Only one」の歌詞の部分で、アレンジをすることが多いものの通常であれば人差し指1本を立てるところを、中居が5本の指を一つずつ折っていった場面。最後には握った手を大きく開き力強く振った。

[PR]

 これについてSNS上には「感動した」「号泣した」というコメントがあふれている。「5人でSMAP」という中居の思いの表れではとのファンの意見も多く見られ、「中居くんが、指で5人一緒ってメッセージくれた」「中居さんからのメッセージちゃんと受け止めたから。SMAPはずっと5人だから」とあたたかい言葉が向けられている。

 ほか、「5人が1人ずつ減ってくって意味」「1回0になるけど必ず5に戻るよって解釈もあるかも」「『年末で解散するからあと5日(27~31日)でバイバイだね』って意味なのでは」「中居さんの指メッセージは『あ・り・が・と・う…またね』っていうメッセージだと思います」などと解釈はそれぞれだ。また、「中居くん指数えるときすごい力入れてたんだろうね。手のひらに痕が残ってるよ。もう、それだけで中居くんの思いは伝わるよね」といった声も寄せられている。(山田貴子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]