「天才てれびくん」元てれび戦士・伊藤元太さん18歳で事故死していた

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ご冥福をお祈りいたします。 - iStock.com / kazoka

 NHKの「天才てれびくんMAX」で2008~2010年にてれび戦士として活躍した伊藤元太さんが、昨年の8月31日に18歳の若さで事故により亡くなっていたことが明かされた。同番組のプログラムとして始まり、伊藤さんが活動を続けた「サーカス部」のホームページにて5日、発表された。

 掲載された「お知らせ」には、「事故の経緯は、青梅市内の多摩川に友達3人と遊びに行き、水の流れが怖くてしばらくの間、中洲に1人でいた元太君を友達がもう帰ろうと迎えに行き、岸に戻る途中で元太君と友達1人が溺れかけ、1人は助かったのですが、残念ながら元太君は流され、帰らぬ人となってしまいました」と事故の詳細が記されている。

 これまで事故の経緯は明かされていなかったが、伊藤さんの両親からの相談があり、伊藤さんの19歳の誕生日となる1月5日に、伊藤さんと縁のあった「サーカス部」のホームページ上で公表するに至ったという。

[PR]

 同ホームページには、伊藤さんの両親の手紙も寄せられており、「我が家は元太が亡くなった8月31日以来、時が止まってしまいました」という無念と伊藤さんの思い出、周囲への感謝などがつづられている。

 伊藤さんは昨年春より早稲田大学に進学。芸能界を離れていたが、芸能事務所からスカウトを受け、活動を再開する直前だったという。事故の前日である8月30日まで更新されている伊藤さんのTwitterは、大学生らしい日常にあふれている。(山田貴子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]