あの子役が大きくなってる!朝ドラ「花子とアン」親子ツーショットに驚き

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
子供の成長は早い…(写真は鈴木亮平オフィシャルブログのスクリーンショット)

 俳優の鈴木亮平が自身のブログで18日、NHK連続テレビ小説「花子とアン」で親子を演じた子役の横山歩と再会したことをツーショット写真と共に紹介し、その成長ぶりへの感動をつづった。大きくなった横山の姿には、ファンからも驚きの声が上がっている。

【写真】元子役の美山加恋ちゃんはもう二十歳!

 2014年に放送された「花子とアン」は、小説「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子の半生をもとにしたヒューマンドラマ。ヒロインの村岡花子(安東はな)を吉高由里子、花子の夫・英治を鈴木が演じ、夫婦の子供である歩役を横山が務めた。

[PR]

 鈴木は現在放送中のドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)でも吉高と共演しており、この日はその時以来となる番組への出演を控えていることを報告。つづけて、「あ、そうそう。花アンといえば、先日隣のスタジオで『スーパーサラリーマン左江内氏』の撮影がやってまして、そこで久しぶりに彼に再会しました」と横山との仲むつまじいツーショット写真を公開した。

 「花子とアン」の放送終了からは、およそ2年半が経ち、横山は8歳に。鈴木は「健康で大きくなった歩に、お母ちゃまもお父ちゃまも感動しきりでした」と再会の喜びを語ると、「少し大人になった歩は、話し方も随分しっかりしていて、とても本番中に寝てしまって口を閉められなかった子とは思えない(笑) それがとっても嬉しくもあり、少しだけ寂しくもありましたけどね」と朝ドラ撮影時を振り返りながら、子供の成長を前に本当の親のような複雑な心境を吐露した。

 これには当時を知るファンからも「久しぶりの歩君、大きくなりましたねー!」「あゆむくーん、立派に大きくなっちゃって(涙)」「わあー歩くん大きくなりましたね。おとうちゃまとのツーショット微笑ましいです」と感激のコメントが寄せられている。(山田貴子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]