「The OC」ミーシャ・バートン、奇行で病院へ搬送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
すでに自宅に戻ったというミーシャ・バートン - George Pimentel / WireImage / Getty Images

 自宅の庭で訳の分からないことを口走っていたテレビドラマ「The OC」のミーシャ・バートン(31)が現地時間26日に警察に通報され、病院に搬送されたとTMZ.comが報じた。

【画像】子役時代は『シックス・センス』にも出演

 ミーシャはワイシャツにネクタイだけという姿で塀にのぼったり、庭に縮こまったりし、「母親は魔女だ」「世界が崩壊する」とつぶやいていたとのこと。また、塀から落ちた際には「オー・マイ・ゴッド、もう終わりだわ! 感じるの。すごく怒っている!」と口走ったという。

[PR]

 警察は「飛び降り自殺または薬物の過剰摂取の可能性のある不安定な人がいる」との通報を受けて家に駆け付け、ミーシャは病院に搬送された。搬送や病院での精神鑑定について、ミーシャは自分から進んで応じたそうだ。

 27日にミーシャはPEOPLE.comに声明を発表。25日夜に自身の誕生日を祝うため友人グループと外出したが、お酒を飲んでいるうちに自分の行動がおかしいと思うようになったという。「病院のスタッフから、わたしはGHB(γ-ヒドロキシ酪酸。デートレイプ薬として知られる)を飲まされたと教えられました。病院で一夜を明かして、今は自宅に戻っています。病院関係者に感謝します。これは全ての若い女性たちにとっての教訓です。皆さんにも周囲に気を付けてもらいたいです」とコメントしている。

 「The OC」で名声を得た半面、アルコールやドラッグ、金銭面の問題など、お騒がせセレブとして知られるようになってしまったミーシャは、2009年にも精神科に入院している。この時は本人の意思に反する強制的なものだったが、退院後、自分の人生を見つめ直すきっかけになり、いい体験だったと語っていた。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]