劇場版『名探偵コナン』主題歌は倉木麻衣!同一アニメ最多主題歌記録でギネスに申請

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
コナンくん「コナンといえば倉木さん、倉木さんといえばコナンとボクは思ってるよ!」 - (C) 2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 国民的人気アニメの劇場版第21弾『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』の予告編が公開され、主題歌を倉木麻衣が担当することが発表された。倉木にとって、アニメ「名探偵コナン」とのコラボはこれが通算21作目。「名探偵コナン」史上最多コラボとなることを記念し、同一アニメでの最多主題歌担当としてギネス申請することが公表された。

映画『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』予告編

 コナンに関しては、テレビアニメ版のエンディングや劇場版『名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)』(2003)の主題歌なども担当してきた倉木。だが劇場版の主題歌は『漆黒の追跡者(チェイサー)』(2009)以来。今回の主題歌「渡月橋 ~君 想ふ~」は、「(迷宮の十字路の時のような)その雅な感覚をより鮮明にしながらも14年という時間が過ぎた新しさを」というスタッフからのオーダーを受け、和楽器のサウンドなどを取り入れつつ制作した。

[PR]

 倉木は「シナリオをいただいた時から、“から紅”の奥深い色合いがふわーと浮かび、サウンド的に和の雰囲気を取り入れたいと思いました。映画の中の高校生の爽やかな恋模様、コナンくん作品ならではのドラマチックで美しいストーリーを彩る一曲になったら嬉しく思っています」と語る。

 『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』は、「21作目は『名探偵コナン』の原点に戻るコトを決めていました」という読売テレビの諏訪道彦プロデューサーいわく、「ラブコメ&ミステリー作品」として展開。大阪・京都を舞台に、主人公のコナンの活躍だけではなく、西の名探偵・服部平次と彼の幼なじみである遠山和葉、そして服部の婚約者を名乗る百人一首の高校生チャンピオン・大岡紅葉らの淡い恋の行方も描かれる。

 さらに今回新キャラクターである紅葉の声を、『ガールズ&パンツァー 劇場版』島田千代役や「終物語」臥煙伊豆湖役などの声優・ゆきのさつきが務めることも明らかに。予告編では倉木の主題歌をバックに紅葉が、和葉に向かって“恋の宣戦布告”を行っている姿も見ることができる。

 また「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)では、『名探偵コナン から紅の恋歌』の公開を記念し、4月7日夜9時から『名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)』を放送。翌週の14日よる9時からは、昨年公開された歴代最高ヒット作『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』をテレビ初放送する。(編集部・井本早紀)

『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』は4月15日より全国公開

3月1日17時40分追記:事実誤認がございましたので修正致しました。

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]