ニコケイ、迫真の崖っぷち演技!『タクシードライバー』脚本家とのタッグ作公開決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
個性派タッグ! ニコラス・ケイジとウィレム・デフォーの共演作が公開決定! - (C)2015 BLUE BUDGIE DED PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 ニコラス・ケイジの主演最新作が『ドッグ・イート・ドッグ』のタイトルで6月17日に公開されることが決定した。『タクシードライバー』『レイジング・ブル』などの脚本家にして映画監督のポール・シュレイダーと2度目のタッグを組んだ意欲作だ。

【写真】髪がフサフサの役に挑むことも

 原作はクエンティン・タランティーノ監督作『レザボア・ドッグス』のMr.ブルー役でも知られる作家エドワード・バンカーさんの犯罪小説。3人のムショ仲間たちが、地元ギャングの首領から、借金を返済しない男の赤ん坊の誘拐を依頼されたことをきっかけに、喰うか喰われるか(=DOG EAT DOG)な状況に巻き込まれていくさまを描き出す。

[PR]

 ケイジが演じるのは長年の刑務所勤めを終えたばかりの犯罪者トロイ。くしくも1997年のヒット作『フェイス/オフ』で演じた敵役と同じ役名だが、カリスマ的な魅力を放った『フェイス/オフ』のトロイと違って、こちらで演じるトロイはお先真っ暗な人生を歩む犯罪者。崖っぷち男を演じるケイジの演技に注目。

 また、トロイのムショ仲間でキレたら止まらないコカイン中毒者、マット・ドッグを演じるのは、『プラトーン』『処刑人』『ジョン・ウィック』などの名優ウィレム・デフォー。確かな演技力と、かなりのコワモテを生かしたブチ切れ演技でも知られるデフォーとケイジのアンサンブルにも期待したい。もう一人の仲間で巨漢のディーゼルを演じるのは「ウォーキング・デッド」などのクリストファー・マシュー・クック。シュレイダー監督は、『ラスト・リベンジ』に続きケイジとは2度目のコラボ。自身も物語のキーパーソンとなるギャングの首領役で出演している。(編集部・入倉功一)

映画『ドッグ・イート・ドッグ』は6月17日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]