ユッキーナ、娘と共に親も成長する日々「泣いちゃうこともある」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ユッキーナ流の子育てとは? - 写真:高野広美

 『映画かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界』で声優に挑戦した木下優樹菜(29)。かつて“おバカキャラ”でブレイクした彼女も今では4歳の莉々菜(りりな)ちゃんと1歳の茉叶菜(まかな)ちゃん、二人の娘を持つママ。夫の藤本敏史FUJIWARA)と共に育児に奮闘中で「つらくて泣いちゃうこともある」という木下が、ユッキーナ流の子育てを語った。

【写真】どっち似?長女・莉々菜ちゃんと

 この映画はテレビアニメ「かみさまみならい ヒミツのここたま」初の劇場版。木下は「ハッピースターおくろう課」のメンバーとして、人間の生活にハッピーを届ける一人前のここたま(=モノのかみさま)“ハピピナ”を演じる。そもそもハピピナは彼女自身に寄せてつくられたキャラクターだそうで「さばさばしていて、ちょっと仕切り屋。映画の中に怒るシーンはないけど怒ると怖い、みたいな役で(笑)」と声優への挑戦もあくまで木下流。リラックスしてアフレコを楽しんだ。

[PR]

 本作はもともと娘とテレビで観ていた作品で、「お話を頂いて最初に、莉々菜は喜ぶかな? と。それでぜひ、やりたいやりたい! って思いました。実際に莉々菜はめちゃくちゃ喜んだのですが、やっぱり嫉妬もあるみたいで。ママだけずる~い! とも言われました」と明かす。

いろいろ言われることは「気にならない」

 子育ての日々では「つらくて泣いちゃうことはこれまでもありましたし、今でもありますよ」という木下。夫の藤本が仕事で留守がちだったりすると、「仕事に一人で行くことが一番の気分転換になったりします。今日は下の子“ミニミニモンスター”を連れてきているから、そこは微妙なんですけど(笑)。しかもこのあと上の子のお迎えで、そこから寝るまではご飯をつくって食べさせたりお風呂に入れたり、ノンストップなんです」と日々の奮闘を隠さない。

 そんな日常をSNSにアップして多くのママたちの共感を得ているが、賛否を呼ぶこともしばしば。けれども木下はそうした周りの声について「まったく気にならないです」ときっぱり言い切る。そうした性格は母親の影響で「お母さんは強い人で、自分は自分というタイプ。それを見て育ったせいかわたし自身、幼稚園のときからわたしはわたしという子でした」と自身の幼少時代を振り返る。

 「小学校低学年の遠足では、いつもの仲良しグループの女の子たちと離れて一人でお昼を食べていたそうです。それを担任の先生が心配して知らせてきたので母親がその理由を尋ねると、『〇○ちゃんはあっちのお山を見て食べたかったけど、優樹菜はこっちのお山を見て食べたかったの!』と答えたのを聞き、この子は大丈夫と思ったとか。今に至るまでずっとそういう感じで、団体行動ができません」と笑う。

「この子の親だから」という意識

 また、親になったことで「やっぱりこの子の親だから、という意識は常に持っていないとダメだなって。子育てをすると、子供と共に親も成長していくことを実感しています。自分はもう誰かの親で、一人じゃない。親がこうだと子供に迷惑だしなどと、日に日に考えるようになりました」と心境の変化を語る木下。

 ママ友に振り回されることもないようで、わが道を行く姿には凛々しささえ感じるが、「勝手にいろいろと言ってくる人には、子育ての正解を知ってるの? 答え合わせの本を持ってる? と思う。子供の性格は一人ひとり違うし、それぞれの環境もあるし。どの子もみ~んな違うのだから、みんなと同じことはしません!」とまたもきっぱり。柔らかい空気をまといつつ、揺るぎない信念を持って子育てする姿は、やはり多くのママたちの共感を呼ぶだろう。(取材・文/浅見祥子)

『映画かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界』は4月28日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]